経済効果なんてあてにならない!「悪魔の数字」にだまされないように簡単な会計知識は体得すべし

aa322c2d

今回は数字が持つ「恐ろしさ」や「可能性」について論じていきたい。

世の中、数字に支配されてると思いませんか?

例えば通帳。通帳自体は数字が羅列されてるだけの冊子に過ぎない。通帳そのものには何の価値もない。ただ数字が書いてあるだけ。

  • お金全般
  • 試験の点数
  • 時間
  • 偏差値
  • 健康診断
  • クリック率
  • お店のポイント

全て数字である。挙げればキリがない。極論を言えば数字を支配すれば人生を支配できる。数字にはそういう力がある。

さて、「悪魔の数字」について考える前に悪魔の数字とは一体どういうこと?を確認しておく。

悪魔の数字とは、

数字を発信する人間が、恣意的に「数字を受け取る人間をコントロールする目的で発信した数字」のこと

無能上司がバカの1つ覚えで何でもかんでも「数値化してくれ」って得意気に言ってくるけど、彼のように数値化したものを盲目的に信じるのもどうかと思う。

たしかに数字は嘘をつかない。しかし、数値化することより「それをどう活かすか」「どう利用するか」の方がはるかに重要である。数字は嘘をつかないけど、その数字の意図を考えるクセはつけておいたほうが良い。数字が現れたらまず疑ってかかるくらいが丁度いいかもしれない。

例えば経済効果何億円とかよく聞くけど、あれは全くあてにならない。全くというのは語弊があるかもしれないが、分析者によって経済効果に含める範囲が違うから同じイベントで算出しても数字が違ってたりする。

さらに、経済効果は基本的に引き算されてない。

例えば、とあるB級グルメイベントが年1回で100万円の経済効果があったとしよう。

このイベントを年3回やって300万円の経済効果があるわけないのに経済効果300万円と算出してしまうのだ。今年は1回行ったからもう十分と考える人も当然いるし、新規開拓にも限界がある。

実際は3回やるから3倍になるわけないのに経済効果300万円!とアナウンスしちゃう。つまり、主催者のさじ加減でいかようにも調整できるのだ。

あと注意してもらいたいのが平均値について。

私たちは平均値を買いかぶり過ぎている。「平均値確認しとけば間違いないでしょ」的な風潮があるけど、平均値だけでは本質を捉えることは出来ない。平均値以外にも利用価値がある数値があるので代表的なものを紹介しておこう。

中央値

データを小さい順に並べて中央に位置する値のこと。たとえば5人の体重の場合、その5人の体重の中央値は3番目に重い人の体重となる。

最頻値

最も頻繁に出現しやすい値のこと。

平均値

平均して得られた数値のこと。全部のデータを足し合わせて、データの数で割った値。

例えば年収を例に考えてみよう。

ある国の30歳平均年収は500万円であった。でも、この国は貧富の差が激しい国で、年収200万円前後の人が多い。

平均の場合

年収200万円の人が多かったとしても、資産家数億稼ぐ人がある程度いれば平均値は当然上がる。実際は年収200万円の人がほとんどなのに平均で計算したので、実体が反映されなかったことになる。

国の印象としては、それなりに不自由のない裕福な国となる。

中央値の場合

中央値は中央の値なので、富裕層の年収に影響を受けない。ほとんどが年収200万円の国なので中央値は200万円と近似値になる。一般的な年収は200万円となり、平均値より実体を捉えてる事がわかる。

しかし、一見優秀に思える中央値にも欠点はある。中央値の弱点は富裕層の存在が反映されないこと。本当は富裕層がいるのに数値に反映されてない。

国の印象としては総じて貧しい国となる。

最頻値の場合

中央値と同様に200万円前後になる。中央値と一緒で富裕層等の「外れ値」の影響を受けない。

欠点は出現率の高い値が複数あると最頻値を1つに決められないこと。

例えば、年収200万円以外にも、ほぼ同数の最頻値が年収150万円100万円の2ヶ所あった場合は判断が難しい(都合3ヶ所になる)

この場合、3つが最頻値になる可能性がある。

国の印象としては総じて貧しい国となる。

まとめ

数字を発信する側は「読み手の感情を誘導する目的」で表現や算出方法を都合よく調整し、戦略を持って提示している。

世の中には2つの数字が存在する。

「意図がある数字」「意図がない数字」

人生逆転を目指す私たちは意図を持った数字を発信して、自分の優位な方へ「誘導するスキル」をマスターしたいところだ。

最後に、会計学の超入門編としておすすめの本を紹介しておきたい。あまりに有名なので知っている人も多いと思うが「会計学とは?」という入口の人には今も最強バイブルである。

スポンサーリンク
レクタングル大