疲れ果てたあなたに!元気になれるおすすめCDアルバムランキング ベスト5!!

photo-1430760814266-9c81759e5e55

さて、今回は突然のCDアルバムランキング(笑)

しかもおすすめのではなく、おすすめのアルバムである。

皆さん、アルバムって覚えていますか? アルバムって大事なものなんです

第57回グラミー賞でプリンスが、年間最優秀アルバムのプレゼンターで登場した時のコメントだ。

もちろん、現状の音楽業界や一般大衆への皮肉である。今や音楽はダウンロードやYouTubeで楽しむ時代。

しかし、昔は違った。大好きなアーティストの最新アルバム発売となれば、必ず予約して買ったものだ。そして、アルバム全体のコンセプトと意志を汲み取り、アーティストの「思い」を想像しながら、ストーリーを意識して聴いていた

今回のアルバムはどうのこうのと、中学時代の洋楽仲間である高橋くんと、チャリを並走しながら熱く語り合った日々を、昨日のことのように思い出す。当時はMTV全盛期でボン・ジョヴィ、プリンス、マイケル・ジャクソン、マドンナなど、きら星のごとくスーパースターが「わんさかいた時代」である。YouTubeもiPhoneもない時代。

動く彼らを観るために普段見ない「テレビ神奈川」のアメリカントップ40を食い入るように観ていたことを、昨日のことのように思い出す。

とはいえ、洋楽ばかり聴いていたわけでもなく、J-POPや日本のロックも同じぐらい聴いていた。

趣味はもちろん音楽鑑賞

中学時代からおっさんになった今でも、ジャンル問わず、まんべんなく聴いてるので、今回のランキングも洋楽邦楽問わずノンジャンルで選んでいる。テンションが上がる曲のランキングは、けっこうすんなり選べそうだけど、今回はアルバムランキングなので、少し難しかった。

アルバムにはアーティストのコンセプトが反映されたものと、選曲にレコード会社の裁量が強く反映されたものがあるので、独断と偏見でアーティストの勢いや思いが乗っかったものをチョイスしている。

第1位   タイオ・クルーズ - Rokstarr

イメージは夏のドライブ。キャッチーなメロディーでありながら、大人の余裕を感じる。ポップだが軽くない。かといってゴリゴリでもない。この絶妙なバランスが心地いい。

チャイナアンマックレーンもカバーしている名曲「ダイナマイト」から最後の「Higher」 まで捨て曲なしでどっぷり大人の余裕に浸れる極上なアルバム。

ホントはドライブが一番合うけど電車でも大丈夫。目を閉じれば、海岸沿いの優雅なドライブに様変わり。助手席にはグラサンかけた水着ギャルが!!

第2位 LMFAO - Sorry for Party Rocking

ベタでごめんなさい・・・

やはりこのアルバムの陽気さは他の追随を許さない。なんとこれがデビューアルバムというから驚きだ。しかもこの二人はモータウン・レコードの創設者の息子と甥というエピソード付きである。

金持ちボンボンのお戯れだけど、才能はビンビン伝わる。パーティー・ロック・アンセムはもちろん名曲だけど、他の曲も引けをとらない。

飽きそうで全然飽きない不思議なアルバム。明日の通勤はぜひ、あのステップで出勤すべし。約束だ。

第3位 Perfume - トライアングル

今やテクノ日本代表といっても過言ではない。音楽担当の中田ヤスタカ&表現担当のPerfume&振付担当のMIKIKO&クリエイターの人たち。パフュームは多方面の才能が見事に融合した音楽ユニットである。もはやアイドルではない。でもアーティストでもない。あえて言えばポップユニット。

う~ん、そもそも定義する必要はないのかもしれない。

さて、パフュームのアルバムはどれも完成度が高いので正直悩んだが、人生逆転を目指す私たちの応援ソング「Dream Fighter」と破壊力抜群のedge (⊿-mix)」が収録されているので、トライアングルに軍配が上がった。

 第4位 B’z - SURVIVE

B’zのアルバムの中ではコレが一番好き。元気が出るというより、やる気がみなぎって気合が入る。

力強い特攻隊長「DEEPKISS」や、気合いがほとばしる「FIREBALL」の吹っ切れた感、ハジけた感が完全にツボ。

その他の曲も名曲揃いで捨て曲なしのB’z最強アルバム。「王者の風格」と「負け犬のハングリーさ」を同時に感じられる男気アルバムだ。

第5位 Icona Pop - ディス・イズ…

ABBAと同じスウェーデン出身の女性デュオが叫んだI don’t care!はダンスフロアを、そしてヒットチャートを席巻した。

アルバムを一言で表現するならキャッチーでポップでメロディアス」が最も適切だろう。若者の「危うさ・勢い・魅力・苦悩・切なさ」などが詰まったイケイケ感満載のアルバムだ。

あえて言わせてもらえば、アルバムの完成度はあまり高くない。しかし、楽曲の良さが際立ってるので、文句なくテンションは上がる。正直一発屋感は否めないが、日本人が好きなメロディーラインなので、まだ聴いたことない人はぜひ聴いてもらいたい。

P.S.

「おっさんになったら演歌とか聴くのかなぁ」って中学生の時に漠然と思ってたけど、実際おっさんになった今、全然聴いてない事に気づいた。最近やっと「天城越え」のスゴさが分かってきたぐらい。

よくよく考えたら、中学生の時に聴いてたものと今聴いているものが、ほぼ同ジャンルだったりする。

つまりオレ、成長してないのか・・・

さすがに以前のように音楽に傾倒することはないけど、気分が乗らない時とか、ストレスが溜まってきたらゴリゴリでガンガンなロックを聴いて現実逃避している。

音楽は世代に関係なく、生活に潤いを与えてくれる魔法である。

スポンサーリンク
レクタングル大