会社で平和に過ごすコツは○○をコントロールすること

happiness-824419_640

とにかく、暑い・・・

熱中症予防に「水分補給」「首を冷やすこと」を忘れずに!

今年の猛暑もサボリーマン・マインドで体力の消耗を最小限に食い止めて乗りきろう!

さて、今回は「会社で平和に過ごすコツ」を論じていきたい。

会社ではいろいろな内紛が起こる。本来は一枚岩になって外敵と戦うべきなのに、なぜか勝手知ったる少ない内輪同士で1円にもならない意地とプライドのバトルが勃発する。

彼らの聖戦は自己満足によるところが大きい。一応大義名分はあるけど、ぶっちゃけ他の社員にはあまり関係なかったりする。とりあえず「給料もらえればいいや」という考えの人にとって、もはや迷惑でしかない。

これ、平社員のうちは「知らぬ存ぜぬ」で乗りきれるけど、出世して役職が付くとそうもいかない。

出世すると必ず魔の手が伸びてくる

面白いことに、東スポ並のスクープがメールやら電話で届くようになる。内容は「不倫・パワハラ・金銭問題」「裏がとれてるものから妄想乙なもの」まで多種多様。

まさに Paradise of Chaos.

正直、関わりたくない。

めんどくさいというよりは、時間がもったいない。わけのわからんどーでもいいスキャンダルに巻き込まれるくらいなら、サボって寝てる方がはるかに有意義だ。

そんなしょーもないゴタゴタに巻き込まれないよう、私が編み出したオレ理論を紹介しよう。

オレ、スイス理論

そう、スイスを目指す。スイスは永世中立国。

永世中立国とはなんぞや?というあなたは下記参照。

永久に中立の立場を取り続けることを宣言した国家

国際政治上、国家としての権利や義務について、特定のグループに属さないことを信条とすること。現在の永世中立国には、スイスやオーストリアという例がある。

中立政策の大きなねらいは、永世中立国を宣言することによって、周辺地域の紛争に巻き込まれないようになることだ。スイスでは、他国からの侵略に備えて軍隊が組織されているが、自らの侵略を放棄し、周辺諸国から信頼を得ることによって、過去2世紀の間は戦争当事国にはならなかった。

weblio辞書より

  • 派閥など興味がない
  • どこにも誰にも属さない

実際は会社という組織に属しているので不可能だけど、そういう行動指針を持つことがこの理論のポイントになる。

出世という観点で考えると「諸刃の剣」かもしれない。しかし、会社で平和に過ごしたいなら、味方を作るのではなく、敵を作らないことの方が遥かに重要。この姿勢を日頃から社内でアピールしておく。

しかし、この姿勢を貫く前提として、周りの感情をコントロールするスキルが必要になる。

平たく言えば「根回し」「外堀から埋める」等を日頃から意識して行動することで「近すぎず遠すぎず」の距離感を保つ。こうすることで「好き嫌いの感情の渦」から抜け出すことができる。

安っぽいプライドを捨てた「考える無能人間」はフィクサーとなって、人生逆転を果たす
今回はフィクサーになって人生逆転を目指しましょう、という内容だ。 このおっさん、ついにイカれたか?と思ったあなた、私は本気です...

まとめ

周りの感情をコントロールできれば、あなたは安定した会社員ライフを手にすることができる。なんだかんだいっても、所詮人間は感情で動く生き物。さらに、年を取れば取るほど感情で人を評価する傾向が強くなる。

つまり、役員、社長、会長が高齢の場合は「仕事ができるできない」じゃなくて「好きか嫌いか」で人事を決めていることが多いのだ。

感情を制するものは、会社員ライフを制す

まずは、半径5mに「どこにも属さないし攻撃もしないけど、やられたらやり返すヤツ」だと思わせてみよう。

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. 金山 直志 より:

    確かに、感情をコントロールすることは大事ですね。
    それこそが心身とも安定した日々になるコツ
    なんだな、と改めて思いました。

    自分の思い通りの結果を得るためにも必要な
    ことですよね。

    ランキング投票させていただきました!