人生の転機が近づくと眠くなるって・・・ ホントかよ!

DSCN7112

ちなみに私、心霊とか宇宙人とか超能力とか、大好物なんだけど信じてないという、少しめんどくさい思考回路の持ち主である。

古いものだと昔TVでやってた「水曜スペシャル」から始まって「Xファイル」最近だと「超能力捜査官未解決事件ファイル」等々、アラフォーになった今でも食い入るように観ている。でも、信じてない←我ながらホント面倒くさいヤツだ

あったらいいなとは思うが、全ては人間の脳みそが創る「錯覚」と「素粒子」の化学反応だと勝手に思っている。人間が心の隙間を埋めるために無意識に生み出した「より処」であり、それらは各自の状況に合わせて様々な形に変化する。

それが霊の時もあれば、UFOや火の玉、神様仏様などに形を変えて現れる。実際は現れるのではなく、人間自身が創造しているのだ。こんな感じで勝手に結論付けている。

えー、前置きが長くなったのでそろそろ本題に。

なぜ、長々と超常現象について説明したのかというと人生の転機睡眠について、興味深い説があったからだ。

昔TVを賑わしていたスピリチュアリストの江原啓之さんが「転機を迎えると極端に眠くなる説」を本で語っていたのを最近思い出したのだ。なぜ眠くなるのかというと、睡眠は体を休めるだけではなく、「あちらの世界との作戦会議」という意味合いもあって、今後起きる変化に備える準備やエネルギーの充電期間なので「寝ても寝ても寝たりない」という状況になるらしい。

「春眠暁を覚えず」という「ことわざ」があるが、春は人生の転機が詰まっているので、春に眠い理由が合致する。ちなみにどんなに寝ても眠い時は、欲望に任せて素直に寝ればいいとのこと。

なぜ今、この話をするのかというと、最近、めちゃくちゃ眠いから・・・

先週から、仕事が忙しかったり勤務時間が長かったりしたのも原因として考えられるが、いつもの疲労とは少し違う感じで、昼間でも強烈な睡魔に襲われるのだ。最近、私自身は職場の環境が少し変わったし、会社自体もゴタゴタあったので、その辺と関係しているのかな?と思ったりしている。

オレ理論で言うと、これはスピリチャルな話ではなく、環境変化や会社のゴタゴタ有りきで起きた無意識レベルの「自己防衛本能」だと思っている。

いずれにせよ、転機であることは間違いなさそうだ。

そもそも「人生の転機」は、その時は転機だって気付かない事が多い。後になってあれは転機だったと思うものだ。もちろん、これは人生の転機だと覚悟を決めて挑戦することもあるが、後から考えたら大した事ない事象だったりもする。やはり、後からじゃないと分からないものかもしれない。

ちなみに、私の転機は当ブログを始めた理由に直結する。

始めた理由はこちら↓

人生逆転カオス理論

転機って、いい方向になる場合も悪い方向になる場合もあるわけで、全てがウェルカムではない。

しかし、人生逆転を目指す私たちにとって必要不可欠であることに疑いの余地はない。

スポンサーリンク
レクタングル大