人生逆転を目指すサラリーマンや自称「負け犬」会社員必見!おすすめ腕時計ランキング ベスト5

IMG_6208

さて、今回のテーマは人生逆転の相棒探し。

腕時計はただの道具じゃない

男にとって腕時計はビジネスパートナーである。常にあなたの側で時を刻み、取引先に怒鳴られた時も、上司にイビられた時も、ギューギュー詰めの満員電車でも、あなたと一緒。

そんな愛すべき相棒をテキトーに選んではダメだ。キャバクラで受けが良いとか、流行りだからとか、そんなしょーもない理由で選んでいるなら、今すぐ止めてほしい。

腕時計には感動のエピソードやメーカーの熱き思いが詰まっている。今や星の数ほどの腕時計があるけど、あなたの心を鷲掴みにする一本(相棒)が必ずある

今回はおすすめ腕時計と各メーカーの「うんちく・トピックス」などを交えて、ランキング形式で紹介しようと思う。

人生逆転の相棒ベスト5

第1位 CASIOカシオ OCEANUS(オシアナス)Classic Line 世界6局電波対応ソーラーウォッチ

言わずと知れた日本を代表するメーカーのCASIO。Gショックがあまりにも有名だが、今回はビジネスシーンを意識したランキングなのでオシアナスを紹介したい。

OCEANUSはG-SHOCKよりも総じて値段は高い。G-SHOCKのアメリカ的なイメージとは対局に位置するヨーロッパ的なイメージをコンセプトに創られたブランドである。カシオは独自の技術を駆使して「多機能高級クロノグラフ」という新ジャンルを確立した。テーマカラーはかっこいいオシャレなブルー、ターゲットは35歳のダンディでセクシーなビジネスマン。少し値は張るが相棒としての実力、立ち振舞いは申し分ない。

言っておくが、女子受けは一切期待できない。

OCEANUSはロレックスやオメガになびくミーハー女子など相手にしない硬派なあなたの腕によく似合う。

第2位 HAMILTONハミルトン Valiant auto(バリアント オート)

発祥はアメリカで現在はSWATCHの傘下。なんと400を超えるハリウッド映画「ダイ・ハード」「オーシャンズ11」「メン・イン・ブラック」「インディペンデンス・デイ」などに登場、アメリカを代表する時計ブランド。

特にエルビス・プレスリーが愛用していた「ベンチュラ」が有名。さらにハミルトンといえばこれ!という人も多いミニタリー系の「カーキ」オシャレ全開の「ジャズマスター」などなど、アメリカの伝統や文化がデザインに反映されている。ムーブメントはスイス製でクオリティが高いのが特徴。

今回オススメするのは、これぞビジネス時計というデザインの相棒で、デキる男を万人にアピールしたい時は無双状態間違いなし。

Simple is Best

嫌味じゃない高級感。コストパフォーマンス狙いならHAMILTONで決まり。

第3位 SEIKO:セイコーウォッチ BRIGHTZ ブライツ ソーラー電波修正 チタンダイヤシールド サファイアガラス スーパークリア コーティング

言わずと知れた日本を代表するメーカー。世界初のクォーツ時計を製品化して、日本初の腕時計を作った。まさにパイオニア。

そして、このブライツ。デザインがサイコーに美しい。あまりに美しいので文字盤はあえて白をチョイス。飽きのこないシンプルなデザインが完全にツボ。ブライツは文字盤の種類が豊富なので、あなた好みが必ず見つかるだろう。値段以上の高級感が特徴で、個人的にはロレックス以上の満足度があった。

ただし、残念ながら女子には全く受けないのであしからず・・・

第4位 TISSOTティソ PRS516 ブルー 

創業160年を誇るスイス屈指の老舗。1985年よりスウォッチ・グループの傘下になった。トラディショナルウォッチで世界一の生産量を誇り、スイスにおいて時計の輸出シェアが10%以上という世界有数のブランドである。

老舗でありながら革新的で、世界初のタッチセンサーウォッチ、T-TOUCH(Tタッチ)を開発したことでも有名。名前の通り、タッチするだけで様々な情報を収集できるテクノロジーウォッチである。

そして今回紹介するのはかなりシャレオツな相棒。ブルーの文字盤に赤い秒針が印象的だ。ていうかカラーリングが完璧。見れば見るほど100点。

私が紹介する時計には珍しく女子受けもいい。もし女子が興味を示したら、軽くエピソード(世界一の腕時計生産量とかミッション・インポッシブルやトゥームレイダー2などのスパイ映画には欠かせないとか)を話してあげたらバッチリ。「オレはそのへんのミーハーなオメガ野郎とは違うんだぜ」とさりげなくアピールすべし。まあ、映画の話をした時点で十分ミーハーだが、そこはご愛嬌。

第5位 TIMEX:タイメックス ウィークエンダー 40mm クロノグラフ

あえてのタイメックスである。圧倒的な安さ。アメリカで腕時計を製造している数少ない時計メーカー。大衆的でありながら斬新でスタイリッシュ、それでいてタフな腕時計を世に送り出している。創業1854年で160年以上の歴史があり、世界中の人々に愛用されている。「安くて丈夫」が創業以来の伝統だ。この揺るがないフィロソフィーにまずあっぱれ。

全体的にチープ感は否めないが、実際かなりチープなのでそこはご愛嬌。タイメックスの特徴は世界初の文字盤全面発光機能インディグロナイトライト。まあ、とにかく明るい。

スマートフォンがまだ世に出ていない1993年2月26日、ワールドトレードセンターで爆破テロがあった。その際、TIMEXのインディグロナイトライトを頼りに停電で真っ暗なビルの非常階段を降りたというエピソードは、明るさを説明するのに十分過ぎるだろう。

ちなみにTIMEXのアイアンマンというデジタルタイプは、アメリカ大統領ビル・クリントンやラルフ・ローレンが愛用していた。

で、今回オススメのクロノグラフはビジネスシーンにぴったりのCOOLな文字盤にさわやかなネイビーのベルトがナイスバランスな逸品。

チープ感はたしかにある・・・だってガチでチープだもん・・・

しかし、TIMEXはチープがコンセプト。

だからこそ、目の前の後輩社員がロレックス野郎でも、ひるまずに堂々と左手を伸ばし、時間を確認してほしい。

まとめ

実は私、大の時計好きである。以前は50本以上所有していた。しかし、今は1本のみ。理由は相棒は何人もいらないから。趣味を通り越したら、こうなった。だから、相棒以外は全てヤフオクとBOOK・OFFで売ってしまった。

さて、今回は人生逆転を目指す、あなたにオススメの時計たち。だから、人生逆転を果たした人や、単純に私がオススメするランキングなら全く違うランキングになる。

今回はハングリーさや反骨心があってフィロソフィーが一貫しているメーカーを選んだ。さらに高額なものは避けた。あまりに身分不相応な時計してる人ってなんか痛々しいから・・・

人生のストーリーに合った相棒が一番しっくりくる。

あなたが大金持ちになったら「フランクさん」でも「デイトナ君」でも何でも選べる。

しかしそれは相棒というよりはステイタス。人生逆転を目指す私たちが必要なのはステイタスではない。どんな時もあなたの側にいる「相棒」なのだ。

スポンサーリンク
レクタングル大