クソ暑いのにジャケットを持ち歩くおっさんは誰だい?

photo-1438216983993-cdcd7dea84ce

暑すぎる・・・

この時期になると、毎年周りに「去年もこんなに暑かったっけ?」と確認している。いやほんと、毎年毎年暑さが増しているような気がするのだ。

当然ながら年を取るので体力が落ちてるのも原因の1つだろう。

で、スーツのジャケットである。このくそ暑いのにあんなものを着るのはアホ過ぎると思うのだが、本日、豚のように汗をかきながら着るかどうか分からないジャケットを持ち歩いた。

なぜ持ち歩いたのかと言えば、どんなに暑くてもジャケットを着ている事業パートナーと会うからだ。

この人、事業パートナーではあるが経営陣と繋がっているので、ある意味上司みたいなものである。以前、彼と初めて取引先にいった際、私はジャケットを着ておらず会った瞬間明らかに怪訝な顔をしていた。

取引先の会議室で彼は「では、ジャケットは失礼させていただきます」と先方に言って脱いだ。

その時「おれはすでに失礼しちゃってますけどねー」と心の中で叫んだことは言うまでもない(泣)

その後、彼と関わりがある人にそれとなく確認したところ、やはり同じような経験をしていた。

ここで「そんなの関係ねぇ!おれは気にしねぇ」「ジャケットプレイ?ひろみGOかよ!」と開き直れればかっこいいのだが、住宅ローンを残した哀れでしがないサラリーマンには、あまりに高いハードルだ。

いやはや、何ともバカげた話だ。

とはいえ、ジャケットがないと失礼というのは、一般常識として認識されている。ジャケット着用を義務化している会社もある。特に不動産の営業マンは長袖Yシャツ・ジャケット着用が暗黙の了解だったりする。

しかしである。

地球温暖化が叫ばれている昨今、ビジネススタイルも常識も適正に変化していくべきではなかろうか。熱中症が社会問題化している今こそ、会社が率先して夏の「ノージャケット・ノーネクタイ・ノー長袖」を推進するべきではなかろうか。

  • 名ばかりのクールビズ政策にもうんさりだ
  • ニュースキャスターやアナウンサーの、熱中症にお気をつけくださいという、不毛な気休めも要らんのだ

今後、温暖化が進行していく事は明白である。環境が変化していくなら、私たちの価値観も変化いていくのは自然の摂理である。

だから〇〇さん、今日はジャケット持ってかなくていいですか???

P.S.

あまりに暑いので、北海道への移住が頭をよぎる。よぎるだけだが・・・

もしかしたら、近い将来、暑さに我慢できなくなった人々が北海道へ民族大移動するかもしれない・・・

もしお金に余裕があれば、今のうちに北海道の土地買っておくのになぁ(泣)

スポンサーリンク
レクタングル大