転職もありだけど、社内で部署異動するのも選択肢に入れるべき

021

猛暑が続いている。熱中症対策は水分とって無理しないに限る。サボるくらいの気持ちでご自愛願いたい。

さて、今回は社内での部署異動について論じていきたい。

転職する前に考えるべきこと

基本的に転職は条件さえ満たせばOKというのが当ブログのスタンス。

「転職で人生逆転」は正しい判断だが、注意すべき点がある
転職はOKだけど・・・ 転職で人生逆転、基本的に大賛成である。実際私も転職を数回経験しており、やっと今の会社で人並みの生活を送ることが...

でも、転職は何かと大変。私も3回程経験しているけど、正直なところ入社より疲れた。離婚は結婚の3倍大変だと離婚した友達が言っていたのを思い出す。始めるより終わらせることの方が大変なのだ。社歴が長くなればなるほど大変なのかもしれない。

とはいえ、嫌なところで無理矢理働いていても、会社も労働者もお互い悲劇。誰も得しない。

でも、もし半径2メートルの人間関係や上司とそりが合わないなどの理由であれば、転職ではなく部署異動もありではないか。部署異動さえすれば彼らと接する機会はなくなるわけで、一番手っ取り早い解決策になるのではないか。

また、現状の業務にやりがいを見出せなくなった場合は、会社を変えずに部署異動で解決するかもしれない。

まあ、今いる会社が心底嫌なら仕方ないけど、そうじゃなければ今いる会社で新しい環境に身を置くことも選択肢に入れるべき。

私たち労働者は会社にこき使われて、心身ともに疲弊して辞めていくのが一般的。しかし、なんか悔しい。

だから私たちは、もっと図々しく会社を利用するべきだと思うのだ。ここでオレ理論。

会社をしゃぶりつくせ!スルメ理論

会社が私たちを酷使するのであれば、同様に私たちも会社を利用し倒すくらいの強い気持ちを持っていい。だから、もっとしたたかに、もっと図々しくいこう!というお誘いである。

私も将来的には、部署異動したいと思っている。転職したり起業したりしなくても自分のやりたいことが今の会社でできるのであれば利用したらいい。

会社の地盤(個人なら会えない人に会える・コネクション)看板(会社のブランド力)カバン(経費)を堂々と使えるのは私たちが会社員だからに他ならない。だったら自己実現のために利用してやったらいい。私はそのつもりだ。

しかし、上司の評価に怯え、派閥闘争に巻き込まれ、事なかれ主義を貫いてきた負け犬根性が染み付いた私たち無能人間には、少々ハードルが高い。時にスキルや知識は私たちのサクセスストーリーの邪魔をする。

だから、あえて言いたい。

知識より、意識を高めろ!

なりふり構わず行くしかない。私たち無能人間に周りを気にする余裕はない。

「どうせ辞めるなら、周囲にどう思われてもいいや。オレのやりたいこと、もう少しここでやってみるか」

こんな感じで開き直って部署異動してみて、それでも気が変わらなければ転職を真剣に考えればいい。

塞ぎこんでいても何も始まらない。

大地を蹴ってより高く!!

私たちは何処にでも飛んで行ける。

スポンサーリンク
レクタングル大