不自由という名の自由を謳歌する人、自由という名の不自由を嘆く人

photo-1433256392503-913cee5877e3

さて、今回は少し抽象的な話をしようと思う。

よく自由になりたいという人がいるけど、自由ほど恐ろしいものはないのではないか。

自由って、何だ?

自由の定義は人それぞれでどんな状態を自由と呼ぶのか、実は曖昧である。思うに究極の自由とは「無人島にポンと置かれる」状況である。

誰にも指図されないし、どこにも属していないので守るべきルールはない。もしあるとすれば、自然界の究極のルール「弱肉強食」くらいだろう。

誤解を恐れずに言えば、自由への願望など世間知らずのお坊ちゃんの戯言に過ぎない。そもそも人類は自由を嫌い、自然から離れて村を作った。そして村でルールを決めて皆で助け合う社会を作った。そうやって自由から離れて生物界の頂点に君臨している。

そう、今さら自由がほしいとかどの口が言うんだよって話なのだ。

だから、衣食住満足に暮らしている人が自由がほしいとか言っても、経済的な自由がほしいだけで、本質的な自由を求めている人などほとんどいないのだ。

つまり、金がほしいだけ。シンプルに表現するとそういうこと

もちろん例外はある。例えば親の借金を背負わされたり、理不尽な束縛があったりした場合は自由を求めるだろう。しかし、そのような不遇な環境でもないのに、やたら自由を目指す人はなんか胡散臭い。こういう人は自由がほしいとか軽々しく言わない方がいい。不自由だと嘆く人の大半は現状で十分自由なはず。

ちなみに私は自由などいらない。ただし、金がほしい。だから一生懸命働くし、無能でも必死に頑張るのだ。しかし、悲しいことに無能だと誰かの力を借りないと稼げない。だから、会社というカオスな組織体を利用する。

これが現実。いや、真実だ。

不自由だと嘆いた時は、その人なりの自由を手に入れている。逆に自由だと喜んだ時は、皮肉なことに不自由になっているのだ。

人生逆転を目指す私たちは「不自由という名の自由を謳歌する人」になってもらいたい。私たちには「不自由と叫ぶ」自由がある。そもそも自由でなければ「不自由だ!」と叫べないのだ。

まとめ

自由になりたいから起業したいとか、デイトレーダーになるとか、安易に思わないでほしい。

もちろん、成功する場合もある。しかし、確率は数パーセントもないだろう。

無計画に自由を追求することは、真夜中の大海原に羅針盤なしで航海するようなもの。

安っぽいプライドを捨てた「考える無能人間」はフィクサーとなって、人生逆転を果たす
今回はフィクサーになって人生逆転を目指しましょうという内容だ。このおっさん、ついにイカれたか?と思ったあなた、私は本気ですよ! ...
人を、会社を、利用すること

私たち無能人間が人生逆転できるかどうかは、「周りの力をいかに上手く利用するか」にかかっている。

スポンサーリンク
レクタングル大