持ち株会は会社員の特権なのか?それとも・・・検証した結果

021
さて、今回は持ち株会について論じていきたい。

そもそも持ち株会とはなんぞや?

という方のために簡単に説明すると、自分が勤めている会社の株を優遇(奨励金など)を受けて購入できる制度。給料から天引きされるので、一度始めると自動的に市場よりもお得に購入できる。

あくまでも任意参加で強制ではない。ちなみに私は毎月1,000円だけ購入している。

少なっ

なぜ私が「わずか1,000円だけ購入しているのか?」は後ほど説明する。

さて、「持ち株会とは?」が何となく分かってきたところで、次に気になるのは、やった方がいいのか、やらない方がいいのか。

物事には必ず裏と表がある。当然、持株会にもメリット・デメリットがある。メリット・デメリットをしっかりと見極めてやるべきかどうか考えていきたい。

従業員持ち株会のメリット・デメリット

参加するメリット

  • 働くモチベーションになる
  • 会社にもよるが毎月の積み立て額の1割程度の金額を奨励金としてもらえる※会社によります
  • 未上場企業の場合は、将来会社が発展して上場した場合、大きな利益を得る可能性がある。上場した時の利益だけで億単位のお金を手にした人も!
  • 面倒くさがり屋さんでも自動で投資できる

参加するデメリット

  • 会社への依存度が増えるので、業績悪化で倒産でもしたら、「株は紙切れ」「仕事は無くなる」のダブルパンチになる
  • なんとなくお得に資産運用した気になるけど、所詮は投資。当然下落リスクもある
  • 日本の企業は株主を稼がせる力が弱い
  • ドルコスト平均法は利益も分散させる

簡単ではあるが、メリット・デメリットを挙げてみた。以上を踏まえて、持ち株会をやった方がいいのか、やらない方がいいのかを判断しよう。

結論から言えば、やらなくていい

やったとしても私のように少額ならアリ。

なぜ、やらないほうがいいのかというと「先のことは誰にも分からないから」である。

このおっさん、何言ってるんだと思うなかれ。

私は本気だ。

やらないほうがいい最大の理由は、換金のタイミングが不確定だから。つまり、自分が換金したい時に、底値だったらどうしようもないのだ。

持ち株会の一番良くないところは通常の株式投資と違って、売る意識が希薄になることと、メンテナンスを怠ること。

ほとんどの人は退職金の足しとか、転職した際の当面の生活費にしようと思っている。でも、その時に暴落していたら?株価が上がる見通しが立たなかったら?

今までシコシコ築き上げてきた資産はあっという間に価値がなくなる。持ち株会は最後の最後まで勝敗が分からない。もちろん結果オーライで最終的に勝てばいいけど、負けていた場合は取り返しがつかないほど損失が膨れ上がっているかもしれない。

通常の株式投資なら損切りしていた場面でも、自分が働いている会社の場合は損切りできない人がほとんど。

これが「持ち株会」最大のウィークポイント。

冒頭の「私が毎月1,000円しか購入していない理由」の回答

正解は「持ち株会は、一度退会すると再入会できないから」である。

私は以前、毎月1万円で購入していたが、持ち株会のリスクやデメリットを知って最低単位に変更した。なぜ、退会しないのかといえば、我が社の株価に上昇の余地があると判断しているから。

今後、収入が増えて資金に余裕ができれば、購入額を増やすことも検討している。もし、収入が増えなくても毎月1,000円なら痛くも痒くないし、逆に勤務している会社が厳しいと判断すれば退会すればいい。

つまり、最終的に最も重要なことは、

持ち株会自体の良し悪しではなく、会社の業績が今後どうなるのか?

これが最大のポイントなのだ。

とはいえ、社内のくだらない噂話に惑わされるのは以ての外。判断が難しければ、私のようにとりあえず最低単位で購入しておくことをお勧めする。

スポンサーリンク
レクタングル大