株式投資vsFX 初めての投資で稼げるのはどっちだ?

statue-3

さて、今回は投資のメジャーどころ、株式投資とFX投資、どちらが優れた投資先なのか、人生逆転という観点で考察していきたい。

ちなみに私はどちらも経験済。どちらもトータルで負けてはいない。でも大勝もしていない。トホホ・・・

ある意味両方とも大した成果を残せなかったボンクラな私だからこそ、公平なジャッジができると勝手に思っている。

先ずは両雄のメリットを比較しながら考えていこう。

株式投資のメリット

2015年9月末現在で日本の上場会社数は、一部・二部・マザーズ・ジャスダックなどを合計すると3485社になる。つまり、投資先が3485個あるのだ。FXは最大でも通貨の数しかないし、初心者であればメジャーどころの米ドル円・ユーロ円・ポンド円・豪ドル円などの限られた投資先になるので、選択肢という観点では圧倒的に株式投資が優れている。しかも信用取引を行えば、株価が下落しても利益を出すことができる。

また、日本の企業に投資した場合、生活に関係する企業の状況は自分で判断することができる。たとえば、ユニクロの状況はユニクロのお店に行けばある程度は推測できるし、メディアからの情報も国内であれば入手しやすい。初期費用も数万円から始められる。

株や投資信託などの運用益や配当金が一定額まで非課税になるNISA口座などもあり、投資初心者でも気軽にスタートできる環境は整っている。

以上のように投資先も多く、株価が上がっても下がってもチャンスがあって、判断材料が多いことが株式投資のメリットになるだろう。

FXのメリット

FX最大のメリットはなんと言ってもレバレッジ。株の信用取引は3倍だが、FXはなんと最大で25倍。ざっくり言うと、少ない金額でデカい金を動かせる。

また、仕手や組織、個人の思惑がダイレクトに反映される株式投資と違って、為替が動く要因は経済指標や世界情勢、各国の偉い人々の発言等が主になるので、判断材料が少ない分、予測自体は複雑ではない。

エフエックスは24時間いつでも取引可能で、小額で大きな取引ができる。さらに売りからも買いからも入れる。そして選択肢が少ないというデメリットは、迷わないで済むというメリットにもなる。

ざっくりまとめると、以上がエフエックスのメリットである。

まとめ

今回はあえてデメリットを掘り下げないことにした。このような比較の場合、デメリットを掘り下げてしまうとキリがないし、デメリットは各自の理解度や状況によってデメリットにならない場合もあるから。

「はさみ」や「包丁」のデメリットを語ることがナンセンスなのと同様である。

「馬鹿とハサミは使いよう」両方とも悪くない。悪くないけど、やり方次第では両方とも大火傷のリスクがあるのは当たり前。

以上を踏まえて、投資初心者が最初に始めるべき投資は、投資資金が少額であればFX投資、ある程度の金額(目安として30万以上)が用意できるのであれば、株式投資から始めることをお勧めする。

スポンサーリンク
レクタングル大