残業せずにとっとと帰ることが、最終的に自分の価値を高めることになる

025

定時を過ぎたのに、だらだら残っている人、ホントに多い。

朝から晩までパソコンカチャカチャやってたら、大抵の仕事は終わると思うけど、残業してまでカチャカチャやっている。

う~ん、謎だ。

残業してる理由や思惑は人それぞれで、

  • 飲みに行く相手を探している人
  • 上司が帰らないと帰れないので無意味に仕事しまくる人
  • 家庭の事情で帰らない人
  • 残業代を稼ぎたい人
  • ガチで仕事が終わらない人

理由や原因はホントに様々。

ちなみに私はどちらかというと、上司が帰らないと帰れない小心者タイプだけど、だらだら残ったりはしない。けっこう潔く帰るようにしている。

残業なんて仕事デキない連中のやること。人の顔色伺って生きる人生なんてクソくらえ!

って本当は言いたいけど、実際は嫁が怖いから一刻も早く帰りたいのはここだけの話だ・・・

残業については過去に何度も記事にしているけど、現実を目の当たりにすると、どうしても納得いかず、何度も何度も書いてしまう。

残業代は人件費ではなく損失であることを、会社も私たち会社員も認識すべきだ。
さて、今回は私たち会社員の残業代について論じていきたい。 残業代は人件費ではない! 私は以前から残業代は人件費ではなく、雑費など...

世間には「残業している人は、がんばっている人」「休まず働いている人を見習え」こんな論調が未だに残っている。もちろん、以前に比べるとだいぶマシになったけど、まだまだ根強よく残っている。

驚きなのは、若い世代にもこんな「しょーもない思想」を持った人が意外に多いこと。この「悪しき思想」はあんまり年齢に関係ないみたい。

こういう思想を持った人種は、自己中心的な思考回路で、客観的に人や物事を見れない視野の狭い人だと思う。

残業が多い人は、定時に「完了すべき仕事」が完了しない人。原因は「仕事量に問題がある」か「能力に問題がある」のいずれかだ。それなのに「アイツはがんばってるから」とか「あいつを見習え」とか、よく考えると訳のわからん話である。

このように残業1つとってみても非常に複雑な問題を内包している。だからこそ、シンプルに考えたい。

残業しないように、所定労働時間で業務を完遂する人間になろう!!

「残業代稼ごう!」とか、そんなしょーもないこと期待してはダメ。それより本流の業務でしっかり結果を出して、時給単価を上げる方が断然効率がいい。

時給ではなく価値給を目指す。会社に利用されないサボリーマンはある意味勝ち組?
あなたの会社にもいませんか? 夜遅くまで残業している、がんばりやさん・・・ 仕事がデキて真面目なタイプが多い。そんな残業マニアに...

想像してほしい。

あなたがもし社長だったら、「仕事量が多くないのにやたら残業が多い社員」と「定時でキッチリやるべき業務を完遂する人間」のどちらを残したいだろうか。当然後者を残したいはず。

「パレートの法則」をご存知だろうか。成果の80%は20%の要因に起因しているというアレだ。つまり、会社を例にすると、売り上げの80%は20%の社員によって作られていることになる。

思うに、残業代を稼ぐために残業する人は組織が変わってもずっと80%側の人間である。逆に残業などせずにキッチリ成果を出す人間は、おのずと20%の人間になる。時間の使い方、密度がやがて大きな差になる。つまり、残業代は所詮一時の気休めに過ぎないのだ。ここで久々のオレ理論。

残業と価値の反比例理論

残業代を稼げば稼ぐほど、あなたの価値は反比例して下がる。周りから見ても、自分から見ても。

あえて言わせてもらえば、はじめから残業ありきで仕事をする人間に未来などない。

とはいえ、業務量が異常に多い不運な人もいるだろう。これは会社の責任。ていうかブラック企業。こういう不運な人は、転職や部署異動も視野に入れて環境改善に動くべきだ。

残業している人が「与えられた業務量が異常な被害者」なのか「残業ありきのペース配分で働く加害者」なのか、慎重に見定める必要があるだろう。
スポンサーリンク
レクタングル大