ダメリーマンの武器である「鈍感力」と最近の若者に多い「無反応」は次元が違う話である

old-witch-house

さて、今回は鈍感力について論じていきたい。現代はテレビやラジオ、雑誌にとどまらずネットやSNS経由で、クソのような情報から有意義な情報までいっしょくたになって同じ角度から濁流のように押し寄せてくる。情報を遮断しようとしてもしきれないし、世捨て人になる勇気も持ち合わせていない。

当然、会社も例外ではなく、シモの話からヤバめな情報まで同じレベルで錯綜していて、まさにカオスの海。

カオスの海へ、いざ
はじめまして、ハルヒコ社長です とはいえ、残念ながら私は社長ではない。現実の世界では課長。ではなぜ社長と名乗っているのか。社長にな...

特に一部の社員にとって噂話は大好物。カオス海の「海の幸」は鮮度が良いうちにあっという間にあるコトないコト広がってしまう。伝言ゲームのように情報に主観が入り事実とは異なる内容が多いが、中には激ヤバ案件も潜んでいるからタチが悪い。

そんな四面楚歌の状況で、私のような無能人間が生き抜くためには「鈍感力」が不可欠だ。もはや必須スキルと考えるべき。周りを気にせずマイペースを貫く。生きる術である。

しかし、最近感じるのは「鈍感力」を通り越えて「心が不感症」になってる人間が多いということ。

例えば面接してもやる気が全く感じられない。この前面接した人は結局「はい」と「特にないです」しか言ってなかった。「がんばります! 」とか、嘘でも「何でもやります!」とか言っておけばいいのに。

面接だけではない。仕事でも「はい」と「すいません」しか言わないヤツもいる。正直イラッとしてしまう※もしかしたら気を使っていたり、私が嫌われているだけかもしれないが・・・

彼らに共通して言えることは「いい人」だということ。彼らは自己主張が極端にない。質問もないし不平不満も言わない。よく言えば「従順で素直」悪く言えば「何も考えてない」「業務にさして興味がない」といったところだろう。

ちなみに、当ブログで私たち「考える無能社員」が鍛えている「鈍感力」とは情報の洪水万人の思惑に惑わされない「何ごとにも動じない心」のことである。つまりそこには戦略があって意思がある。会社というカオスを生き抜くための意思がある。しかし、最近よく見かける「無反応」の人は戦略も意思もない、いわば思考停止なのである。

【無能】と【思考停止】はまったくの別物。無能だからこそ脳みそをフル回転させてほしいのだ。
私たちはこれから人生逆転を狙っていくわけだが、今回は最大のキモとなる【脳みそ】について論じていきたい。結論から言うと人生逆転の答えは...

先日、面接を終えた上司が「心がないヤツが増えた」とボソっと言っていたが、ある意味正しい分析だと思う。この辺の話を当事者(心のないヤツ)に説明してもうまく伝わらない。洗脳されてる人が洗脳されてる事がわからないのと同じ理屈で、彼らも思考停止してる認識はない。だからタチが悪い。

ちなみに、面接管もバカじゃないので「無反応」「無関心」な受け答えだとほぼ落とされる。従順な人間の時代は終わりを告げた。これからは自分の意見をしっかり持ってる人間が勝つ。

「無反応」より「無能」の方が遥かにマシなのだ
スポンサーリンク
レクタングル大