ひさびさのピンチか?迫りくるビックプロジェクトにモチベーションがぜんぜん上がらない。

021

いつもは偉そうに、オレ理論やマインドを語っているので、たまにはグチでも書こうと思う。

来年2月のビックプロジェクト。その統括責任者になってしまった。かなりハードな案件で正直あまり気が進まない。ていうかまったくモチベーションが上がらない。

過去記事にも書いたけど、本来の私は無能をカバーするためにアホみたいガンバってハードワークも厭わない、「逃げない」ことが唯一の「武器」であった。そんなスルメのようなマインドと、スッポンのような仕事っぷりが評価されてここまで来た人間である。

今回は私の実体験を基に、ダメ社員の「リーサル・ウェポン」について論じていきたい。まず、リーサル・ウェポンとはなんぞや?というところか...

そんな頑張り屋さんの私が今回はやる気が全くない。少し偉くなったからなのか、家族が増えて失敗が怖くなったのか、正直自分でもよく分からない。

「社運がかかっている」とまでは言わないが、かなり重要な案件である。こういうケースは以前からイヤイヤながらもチャンスと捉えて、その辺の有能人間が何かしら理由をつけてやらないドロ仕事を「ちぎっては投げ、ちぎっては投げ」やってきた。

無能なりに、バカなりに、前進する気合と根性があった。

実は今回の案件は以前やったことのある案件とかなり似ている。規模は今回の方が1.5倍ほどデカイ。ゆえに辛さが想像出来てしまうのだ。走馬灯のように思い出されるあの辛さ。恐らく2ヶ月間まともに休んでなかったと思う。その時の記憶がフラッシュバックで蘇る。しかし、前回と今回は立場が全然違う。前回は責任者でありながら下っ端だった。分かりやすく言うと「名ばかり店長」のような感じ。

しかし今回は下っ端ではないし、以前の体制より今のほうが遥かに組織らしくなっている。だから以前のように、2ヶ月間休まず働き続けるということもないだろう。もちろん、部下がそうならないように計画を立ててやっていくつもりだ。

記事タイトルで久びさのピンチと書いたが、以前のピンチはいつだったかなぁと調べたところ、今年の5月後半に下記のような記事を書いている。

今回の記事は珍しく、ていうか初めてグチを書こうと思う。 お得意様と10年間続いていた取引が、交渉の甲斐なく、条件が合わず契約終...

あらためて読み返してみたが、この時より今回の方が責任が重い。しかし、止まない雨はない。部下を信じてやるしかない。

  • 負け戦だと分っている戦い。
  • 討ち死にしそうな戦い。

こういう戦いこそ、個の力ではなく組織の力で対応した方がいい。

個の力は足し算しかないけど、組織の強さは掛け算になる。周りをいかに使うか、マネジメント能力が問われる。

前回の「2ヶ月間休み無し」の時とは、全く違う異次元の方法で、今回こそ余裕のある仕事をしていきたい。

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. 現在2月29日。この大型案件も部下のお陰で何とか形になってきた。感謝感謝。
    今月はブログ更新する暇もなかったけど来月からはペースアップしたいと思う。