お金の匂いしかしないハロウィン(Halloween)がいつの間にか日本に浸透していることに最近気づいた

YOU85_harowinjyosi20131019162822

さて、10月31日はハロウィンである。もともとはアイルランドに住んでいた古代ケルト人のお祭りらしい。

ケルト人の年末は10月31日。年末になると死者の霊が家族を訪ねてくると同時に邪悪な霊もさまよいだすので、仮面をかぶって魔除けをする風習がある。それが派生して怖い仮装をするようになった。仮装の風習こそないが日本で言えばお盆とお正月が一緒に来た感じだろうか。

最近はメディアの取り上げ方がハロウィンに好意的で、クリスマス並みに盛り上がってるような気がする。一体いつからこんなことになったのだろう。いまや国民行事である。

以前の日本では、アメリカで日本人留学生がPleaseとFreezeを間違えて犠牲になった痛ましい事件の影響もあって何となく敬遠されていたような気がする。

いまやバレンタインデーを抜いてクリスマスと双璧をなす日本の一大イベントになってしまった。

まあ、デパートなどの商業施設はイベントがあった方がキャンペーンを打ち出しやすいので、むしろウェルカムだろう。

しかし、である。

みんながみんなウェルカムではないのだ。ハロウィン最高って人には申し訳ないが、アラフォーおっさんの私には幼稚園のお遊戯にしか見えない。ちなみに私はハロウィンが大嫌いだ!

とはいえ、各地でハロウィーンパレードが大盛況で、1ヶ月以上前から市場はハロウィンに乗っかっていた。

日本がいつの間にかハロウィンで盛り上がるようになったキッカケはディズニーランドにあると思う。日本にハロウィーンが浸透するかなり前から宿敵ディズニーランドは積極的にハロウィンを打ち出していた。恐らくハロウィンを「飯の種」にする戦略があったに違いない。ちなみにユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)もイベントを開催している。

昨日、家族でディズニーランドに行ってきた。 6歳と2歳の子供を連れて行った。もう、ヘトヘト。抱っこをせがまれて長時間抱っこして...

この戦略が近年のコスプレブームとシンクロして一気に広まった感はある。コスプレ発祥の地である日本には浸透する土壌があった。

ところで、クリスマスにしてもハロウィンにしても正直、金の匂いしかしない。アメリカが送り込んでくるカルチャーは消費させるパワーが半端ない。

近所の草むらに「野がも」が優雅に顔を出していたので思わず激写。 わが家の周辺は東京だけど23区ではないので、自然がいっぱい。近...

資本主義の象徴のような国だから「マーケティング」は最先端だし「ダイエット」も「太らすスキル」も最先端。お金を使わす天才が集まる国。それがアメリカだ。あっぱれである。

日本はじわりじわりと侵食されてるのかもしれない。

スポンサーリンク
レクタングル大