40歳からの人生逆転は可能なのか?検証してみた結果

photo-1440557958969-404dc361d86fさて、今回は40代というオッサン丸出し世代から、人生逆転を果たすにはどうしたら良いか論じていきたい。以前40代の人生逆転には体調管理が必須であるという記事を書いた。

私が40代になって感じたのが、体調管理がいかに重要であるかということ。 身体が資本の40代 体調が悪いと、当然ながら作業効率は落...

ベースはこの記事に書いた通り、しっかり体調管理できることが最低条件になる。

つまり、健康が大前提にあると考えてほしい。

余談になるが、この前、会社の健康診断に行ってきた。42歳にもなれば身体のどこかにガタがきてもおかしくない。私は脂肪肝でメタボだから食生活を改善しなければならない。

食べ過ぎないように、なおかつストレスをためないように、ある程度調整しながら良い意味で手を抜きながら生きている。ちなみに、もし全て全力でやってたら、入院してるか、この世にいないかのいずれかだろう。

40代で人生逆転する方法

20代、30代の人生逆転と比較すると、40歳からの人生逆転はハードルが高い。まず一番ネックになるのは今までどうやって生きてきたかということ。40歳といえば人生の折り返し地点は過ぎてるし、今までの生き様が現状を形成していると言わざるを得ない。

つまり、今、底辺を生きてる人は、底辺を歩む生き様が染み付いている可能性が極めて高い。

まずはこのメンタルブロックを解除するところから始めたい。メンタルブロックとは言わば思い込みによる心の壁のこと。年を取れば取るほど、失敗すれば失敗するほど強固に形成されるやっかいなシロモノだ。これを払拭するのは並大抵のことではない。

当然ながら2歳の幼児にはメンタルブロックはない。20歳より30歳より40歳の方が強力なメンタルブロックが形成されている。

だからって、胡散臭いカウンセラーのお世話になる必要はない。メンタルブロックというと少し怪しくもあり大袈裟な気がするけど、ようは現状を客観的に把握しつつ、少しづつでいいから自信を取り戻せばいい。

大小問わず成功体験を重ねる

一番お勧めなのが何でもいいから成功体験を積むことこれ、基本的にジャンルは問わない。

  • UFOキャッチャーがめちゃくちゃ上手い
  • 妖怪ウォッチのメダルコレクション
  • フィギュアのコレクション
  • カラオケが上手い

仕事やキャリアアップに関係なくても全然OK。とにかく「これは誰にも負けねぇ」ってモノがあればいい。そこに他者の判断は必要ない。

かなり季節外れだけど、スノボーが今回の記事のテーマ。 私は仕事でも無能だったが、趣味でも無能ぶりを存分に発揮していた。ちなみに...

とはいえ、40歳のおっさんに成功体験を求めてもこれまたハードルが高い。

なので、先ずは順序立ててメンタルブロックをぶっ壊す。

1.クソったれの現状を認める

とりあえず、42歳の私が認めてみた。

  • オレは無能だ
  • オレは貧乏だ
  • オレはバカだ
  • オレはモテない
  • オレの体型は最悪だ
  • 人生逆転は厳しい
  • オレは価値がない

恐らく、あなたもいっぱい出てくるだろう。上記は認めたくないけど全て現実。何とも厳しい現実である。しかし、先ずは認める。そこから全てが始まるから。

次にすべてのフレーズの後ろに「でも、〇〇しなければならない。なぜなら、□□だから」と入れてみる。〇〇と□□に文でもキーワードでもいいからとりあえず入れてみる。

例えば「オレは無能だ。でも、稼がなければならない。なぜなら、父親だから」「オレの体型は最悪だ。でも、ホントは痩せたい。なぜなら嫁に内緒でまだモテたいから」

次に「なぜなら□□だから」の□□を並べてみる。私の例でいくと「父親・金持ち・仕事したい・モテたい・可能性はある」などのフレーズが並ぶ。何となくポジティブなキーワードが並んだ。

これで確認作業が一通り終わった。

  • ダメな自分の現状を嫌という程思い知った
  • 実現は難しいけど、理想を捨ててない自分がいる

2.周囲との差別化を図る

一番手っ取り早いのは、一目置かれる存在になること。その他大勢に属さないように、なおかつ嫌われないようにするには、周囲の人たちとの距離感が重要になる。少なからず、ある程度の尊敬と人望は必要。では、尊敬と人望を得る秘策を紹介しよう。

その秘策とは・・・

・・・

・・・

妙手を狙え!

「なんのこっちゃ」というあなたのために説明するのでご安心を。

妙手と言えば、将棋の羽生善治名人が有名である。下記は彼の名言で妙手のことを彼らしく説明している。

勝敗を決定するのは、

“ただの一手”であったりする。

絶妙の一手。あるいは絶妙に見えて最悪の一手。

羽生善治名人

打った瞬間は誰も意図が分からないが、あとになって考えると、とんでもなく強烈な一手。たった「一手」で、周りから一目置かれて一気に差別化できる。

これを会社で狙うのだ。

今回は言わずと知れた天才、羽生善治名人について語るとともに、彼の思考の一部を拝借したいと思う。 羽生善治名人という男 思うに彼は...

誰もが思いつかない強烈な一手(妙手)の詳細は、上記の記事で確認してほしい。とはいえ、この「強烈な一手」はガンガン打てるわけでもない。だから、それ以外の方法で、自分に合った「他者と差別化する方法」を発見してほしい。

例えば、誰もがやらない案件を率先してやるとか、誰もがあきらめる案件に、あえて挑戦し続けるとか。「少しの信頼」と「小さな成功」を積み重ねて、周囲から評価を得ることが人生逆転に繋がる。

とにかく、人と同じことをしてたら逆転は不可能。結果は同等かそれ以下が関の山。であれば、ここは無能人間の勝負所と捉えて一歩前に出るのが得策と考える。こういう行動の積み重ね一つ一つが人生逆転のを築く。

3.「論理的な対策」とストーリーの構築

確認作業が一通り終わったら、「人生逆転における理論」を理解し、「断行する意思(マインド)」を体得する。さらに、自分だけの「人生逆転ストーリー」を完成させる。「人生逆転ストーリー」は「人生逆転の戦略」と同義。

戦略にはゴール設定が必要になる。

  • 近い将来どうなりたいか
  • なりたい自分になるためには、どうすればいいか

私たち人間は、自分がイメージできないことは実現できない生き物

なので、より鮮明に、より具体的にイメージできれば最短距離でゴールを目指せる。

理論(知識)+マインド(意思)=人生逆転ストーリー

まとめ

その他大勢から抜け出して、会社というカオスで逆転を果たすことは、簡単ではないし、年単位の時間がかかるかもしれない。しかし、お金もコネも地位も名誉もないナイナイ尽くしの私たちにとってはこれが「王道」なのだ。

あなたに必要なものは全て「脳みそ」の中にある。「何かを始める」のに遅すぎることはない。

40歳からでも戦略と能力を磨きあげれば逆転は十分可能である

実際、私のように30代後半の2年間で年収を100万円上げた人間もいるのだから、不可能な話ではない。

挑戦する価値は十分ある。人生逆転に挑戦することは、あなたにとって0かプラスしかないのだから。

当ブログは、いつまでも往生際が悪いあなたのために存在している
スポンサーリンク
レクタングル大