2020年までに自動運転の実用化って話なんだけどさ、あと5年しかないけど大丈夫?

op

今回は最近何かと話題になる「自動運転」について論じていきたい。

ご承知の通り、様々な問題点があってまだまだリアリティがないのが正直な感想である。もちろん、すべての車両が自動運転になって正確な道路状況をリアルタイムで全車両が共通認識して信号と連動すれば、私たちが少年の頃に描いた近未来そのものになる。車間距離などほぼ必要ないだろうから渋滞も緩和されるし、そもそも免許なんていらないだろう。バスやタクシーも無人で走るだろうから、人手不足問題も一気に解消される。

しかし「近未来レベル」までいくにはインフラの整備も含めると少なくともあと50年はかかるのではないかと思う。

であれば、当面は一部の車両のみが自動運転になって、法律やシステムも含めて自動と手動が混在するカオスになる可能性は極めて高い。保険の問題、誤作動時の責任の所在、道路標識の整備、駐車場で自動運転は可能か?、などなど解決すべき課題は山積みである。

まあ、新しい事を始めるときに否定的な意見ばかり集めたら何も進まないので、ここでこれ以上問題点を列挙するのはやめておこう。

さて、ソフトバンクから発売されているpepperをご存じだろうか。

胸にiPadらしきものが装着されてる。恐らく上記のような感じで各車両に1台iPadが装着されて情報を受信するのだろうと思う。高速道路や駐車料金とかも、おサイフケータイみたいな感じでクレジット決裁されて、どんどんキャッシュレス化していくはずだ。

あと、駐車場自体はどうなっていくのだろう。というのもグーグルマップ等で道路のデータは簡単に取得できるけど、施設の大規模駐車場や機械式駐車場などはデータ自体がグーグルにはないはずである。これは完全に私の妄想だけど、恐らく施設周辺に近づいたら自動でWi-Fi等に変換されて、施設から発信されている満空データをもとに駐車場内の空いてる車室へ誘導してくれるのでは?と考えている。

さて、なんとなくイメージはできたけど、はたして本当に5年後で自動運転が実用化されているのか。オリンピックに向けての無理矢理感がハンパないと感じるのは私だけだろうか。

電気自動車の普及もイマイチだし、水素自動車もどうなるかわかない。自動運転に関してはIT・車・エネルギー・建築など、複数の業界が連動して進んでいく反面、各業界内外の利権争いや企業を超えて国も巻き込んだ熾烈な覇権争いが起こるだろう。当然日本はトヨタと日産が先駆者になるはずだ。

このようにまだまだ課題山積みの自動運転だけど、事故や渋滞が激減することは間違いないので、早急に導入すべきだ。

でも、5年後となると正直厳しいだろうなぁと思う。技術的には間に合うと思うけど、インフラ整備と法整備が足かせになるだろう。

スポンサーリンク
レクタングル大