「夜9時前に帰るヤツはクソだ!」いまだに残る悪しき思想

YOTA82_yossya15122540

さて、今回は日本企業にいまだはびこる悪しき思想について論じていきたい。

当ブログは、再三にわたって「残業NO」を叫んできた。

しかしである。いまだに残業美徳主義がしぶとく残っている。だから再度、声を大にして言わせてもらう。

定時に帰れるのに帰らないヤツはクソ以下だ!

特に部署のトップが「9時前に帰るヤツはクソ」という思想を持っていると部下は最悪である。

上司が帰るまで帰れないパターン。

ていうか、そもそも労働基準法違反じゃねぇ?

全くもってナンセンス。愚の骨頂。一円にもならない誰も得しない最悪の選択である。とはいえ、上司が帰らないと帰れないのは別に珍しい話ではなく、どこでもよくある話。ぶっちゃけ私も上司がモーレツに仕事している時に「お疲れさまでーす」とさらっと帰る度胸はない。なので、気持ちはよく分かる。

つまり、この問題は下っ端社員がどうこうできる問題ではなく、社風の見直し、及び経営陣の意識改革から取り組むべき問題なのだ。

これからの企業は日々の売上に一喜一憂するだけでなく、従業員の環境改善に真剣に取り組む必要がある。ここを疎かにすると、今後ますます悪化する人材不足に対応できず、足元をすくわれるだろう。

とはいえ、既得権にあぐらをかいている連中、保身のみを考えている連中に期待しても無駄である。なので、まずは私たちができることから始めていきたい。

もしあなたに部下がいるなら、定時で仕事を終わらせる能力を見せ付け、さらっと早めに帰る。

もしあなたに部下がいないなら、まずは自分が定時で帰れるような状況を作る。そして、周りに嫌われないようにキャラ立ちバリア理論を駆使して、早く帰っても悪い印象を与えないように根回しする。

さて、今回は久々にオレ理論を論じたいと思う。 結局、一番めんどくさいのって人間関係だと思いませんか? たとえば退職理由。 ...
各自が各ポジションで「残業撲滅にベストを尽くす」ことが、日本の明るい未来を造る

まとめ

残業は誰も得しない愚かな行為。残業代を稼ぎたいから残業がなくなると困るという人は考えを改めてほしい。根本的な考えが180度間違っている。残業代など所詮一時の気休めに過ぎない。

確かに対価として口座にお金は入るけど、このご時世いつまでも残業代がダラダラ出ると思わない方が身のためだ。

人事部が人件費削減に着手するなら、まず残業代が多い人に目がいく。恒常的に残業が多い理由は以下の3つ。

  1. 能力がない・そもそも向いてない(配置転換が必要かも)
  2. 業務量が異常(そもそもブラック企業か?)
  3. 残業代目的(確信犯)

つまり、いずれにしても労働環境を改善すべき人物として名前が挙がるわけで、「残業代を稼ぎ続ける」という愚かな行為は長く続かない。

これが発端になってリストラ候補にリストアップされたら目も当てられない・・・でしょ?
スポンサーリンク
レクタングル大