○○○○しませんか?で気づいたキャッチコピーの真髄

KIJ_kitakusuruhitotachi

ああ、疲れた・・・

取引先からの帰り道、後悔しながら歩く1人のおっさん。話は平行線で結論はまた持ち越し。ああ、上司になんて言おうか・・・

駅に向かいながらトボトボ歩いている失意の中年おっさんに、突然死角から白黒の物体が接近してきた。そして、脇をキュッキュキュッキュしながらこう言った。

萌え萌えしませんか?

おそらくメイド喫茶か何かのキャッチだろう。仕事でよく行く秋葉原ならよくある光景で、こちらも身構えて楽勝でスルーしてきた。そもそも私はこの手のキャッチが大キライなので、ティッシュすら受け取らない硬派なおっさん。しかし、不覚にもあの日の夜は、ティッシュも得ることができないビラをもらってしまったのだ。

たぶん生まれて初めて。おっさんの初体験である。

疲れていたこと、悩んでいたこと、気が緩んでいたこと、その他にもいろいろな要因が重なりあって起きた奇跡。

よく見ると、こちらがゲンナリするほどの笑顔がそこにあった。元気の押し売りである。さらに萌えちゃん(仮称)は一気にクロージングに入った。どうやらかなりやり手の営業マンのようだ。

一緒に行くにゃん?

もちろん両手は猫の「にゃんにゃんポーズ」

うん、行くにゃん

・・・

・・・

・・・

・・・

とは、さすがに言えず「また今度ね」と大人の対応。しかしこのセリフ、我ながらよく言えたなと思う。完全に思考停止の中、必死に振り絞った渾身の一言であった。顔は苦笑いでひきつってたので、萌ちゃんはさぞかしキモかったろうと思う。

その後、何とかにゃんにゃん攻撃をかわして電車に飛び乗った。そしてあらためて考える。なぜ、おれはビラを受け取ったのか。奇跡の理由を考える。

考えた結果、一つの仮説にたどりついた。

このキラーフレーズ「萌え萌えしませんか?」は、彼女が「仮説⇒実験⇒検証」を繰り返して磨き上げた会心の一撃であると考えた。何十人も声をかけ、反応をチェックし統計をとって辿り着いた会心の一撃。

みかわしの服(攻撃を回避しやすくなる:ドラクエ2で初登場し、以降の作品にも登場)ほどの防御力では、太刀打ちできなかったのだ。

そして、キャッチコピーとしても優れている。私のように萌え文化に全く興味がない人間でも、男の潜在意識に訴えかける「しませんか?」という要らぬ妄想をかきたてるフレーズ。さらに「萌え」を2回繰り返すことにより、生まれるファジーなリズム。そして間髪入れず「一緒に行くにゃん?」

まさに愛と青春のフルコンボである。

よし、キャッチコピーから練り直そう。

先程の取引先との交渉は、元を辿ればうちの「商品・メニュー」が売れなかったことが原因。であれば、もう一度お客様との最初の接触を強化してみよう。

  • アイキャッチ効果を高める
  • キャッチコピーを練り直す
  • クロージングのストーリーを練り直す

今やるべきことを萌ちゃんは示してくれた。

「ありがとう、萌ちゃん」と夜空につぶやき、愛する家族の待つ我が家へ。

少し足どりが軽くなったような気がした。

スポンサーリンク
レクタングル大