Stop the 自分探し in the world理論

040

今回は自分探しという行為に異議を唱えたいと思う。

あなたの周りにいないだろうか。

  • 自分探しの旅をしたい
  • インドで真理に触れてみたい
  • 世界中を周って見聞を広げたい
  • 一度リセットして再出発したい
  • 世界を一周してビックになって帰ってきたい
  • これからはグローバル化だ
  • 日本だけに目を向けている時代ではない

パッと見、素晴らしいように思える。国際社会へ日本人はもっと打って出るべきだと世間は騒ぎたてる。たしかにそうかもしれない。そういう時代だ。

でも、日本で必死に日々の業務と格闘する人には関係ないじゃないか。

グローバル化?知ったことか。こちとら目の前の仕事に手いっぱいじゃ。

こう叫びたい人も多いはず。

ちなみに私は叫びたい。叫んじゃいけない雰囲気が日本を覆っているけど、他人の顔色を伺っていてもしょうがない。

そもそも世界に出たからそんなに偉いのかっていう話だ。日本にいても偉い人は偉いんじゃないのか。こういう風潮に乗っかって、無駄に海外に行く若者がけっこう多い。中には異国で事件事故に巻き込まれるケースもある。

海外行っただけじゃ人生変わらないよ。海外に行って人生変わる人は、日本でも人生変えられる人。世界に出れば人生が好転するなら「日本人みんな海外旅行すればいいじゃん」って話だし。

仕事が嫌で辞めて、自分探しの旅で海外行って、決意を新たに資格学校に通って就職先探すも決まらず。資格ばっかり増えて就職出来ないパターン。そして、また自分探しの旅・・・

こういう人、結構いる。

これぞ、負のスパイラル。ここでオレ理論。

Stop the 自分探し in the world理論

「自分探し」している暇があったら「仕事探そうよ」って言いたい。ちょっと休みたいならダラダラ過ごしてもいい。そして、元気になったら読み忘れていた本でも読んだらいい。会社勤めに依存しない「稼ぐ方法」を考えてもいい。その方がよっぽど有意義な自分探しだ。

私は海外へ行くことを否定しているわけではない。海外旅行、どんどん行ったらいい。未知なる文化に触れて、世界中の人々とコミュニケーションを図るのは有意義で素晴らしいことだ。しかし、「自分探しのため」「自分を変えるため」こんなチープな理由で行くのは違うんじゃないの?と思うのだ。

あと有能な人は海外にどんどん行ったらいい。ビジネスの世界でもスポーツの世界でも。

しかし、無能な人が行くと苦労することになるだろう。野茂でもイチローでも香川でも、日本で凄い人が世界に行って予定通り活躍しているに過ぎない。日本で凄くない人が世界の一流と勝負しても勝てないし意味がない。

だから、無駄に自分探しする暇があったら、今いる環境でベストを尽くすべき。

人生を好転させたいなら、やるべきことは「自分探し」ではない。どちらかと言えば、力を発揮出来て輝ける場所を見つける「居場所探し」だ。

人生逆転の答えは「脳みそ」の中にある。

スポンサーリンク
レクタングル大