カオスの海へ、いざ

022

はじめまして、ハルヒコ社長です

とはいえ、残念ながら私は社長ではない。現実の世界では課長。ではなぜ社長と名乗っているのか。社長になりたいから。他に意味はない。

さて、記念すべき最初の記事である。最初の記事は何にしようかと悩んだ結果、ブログ名について語りたいと思う。※当ブログのコンセプトはこちら⇒HOME

人生逆転カオス理論

パッと見、よく分からんネーミングだ。

しかし、このブログ名に込められた私の熱き思いを知ったなら納得してもらえると思う。

まずはカオスの定義について確認しよう。そもそもChaos理論自体諸説あるのだが、当ブログではシンプルに「混沌」や「無秩序」といったニュアンスで使っている。

当ブログは俗にいう「エリート」今でいう「リア充・勝ち組」などの鼻につく人々は対象外である。あくまでも現在進行形で「もがいている人」「悩んでいる人」「こんなもんじゃないと日々悶々と過ごしている人」そういったいわゆるイケてない人に向けて書いている。なぜなら私がイケてないからである。

「ダメリーマン・無能社員・負け組」であると自他ともに認めている私たちは無能だから1人では稼げない。つまり、何も考えずに起業したり、投資したり、競馬やったり、出世競争に参加したりしていたら負けっぱなしということ。なぜなら、無能だから・・・

もちろん、将来的には起業や投資で成功するかもしれない。でも今はまずい。今始めるのは自殺行為。夜の大海原に羅針盤を持たずに出航するようなものだ。だから、

今はカオス(Chaos)で爪を研ぐべき。あえて言おう、会社はカオスだと。

会社は、どっかのおっさんが自己実現のために作った組織体に過ぎない。「年齢・性別・仕事内容・目的・業種」などなど、多種多様な人たちで構成されている。中には出勤時間や勤務時間が違うので会ったこともない人すら存在する。

当然ながら、人が集まれば集まるほどカオス化するのでマネジメントは難しくなる。恋愛に溺れる人、魔が差して横領する人、出世街道を爆進する人、金さえ貰えればそれでいいやと思って働く人、挙げればきりがない。

いまいちピンとこないあなたのために「会社」がカオスである根拠を「試験」と比較して確認しておこう。

試験は「統一されたルール・明確な答え・整った環境・平等な時間」が整備されている。つまり学力差を埋める術がほとんどない。無能な私が思いつくのは、消しゴムに回答を書くことくらい。ここでは無能な人間は勝てない。実際私は勝ててない。しかし、会社というカオスでは何かが起こる可能性が極めて高い。つまり逆転するチャンスがあるのだ。

複雑に絡み合った思惑で社内は常に不安定。かろうじてバランスを保っているけど、一寸先は闇である。とはいえ、この状況は無能人間にとって、むしろウェルカム。

人生逆転したいなら、会社のカオスを利用して勝ち残れ!その先に未来はある!

アルバイトも派遣社員も正社員も関係ない。

そう、オレたちの勝負はまだ終わっちゃいない
スポンサーリンク
レクタングル大