社内で「あれ、オレ浮いてる?」って最近思った人はここに集合してください!

photo-1453227588063-bb302b62f50b

最近なんか社内で浮いてるような気がする。自分がそう思っているだけで実際は違うかもしれないし、ガチで浮いてるのかもしれない。

真実を知ることができれば対策も立てれるけど、本人は真実を知る由もなく、周りに聞いても本当のことを言わないのが無情な大人の世界。

そもそも人はなぜ「浮いてる」と思うのか?

極論を言えば自分が浮いてるかどうかは、誰かに言われない限り、自分で気付かない限り、分からないはず。

そもそもKY(空気読めない※そろそろ死語か?)な人は誰かに言われない限り気付かないし、気付いても空気読めないんだから開き直るだけ。つまり、「オレ浮いてる?」って心配している人はそもそもKYではないということ。そういう人はむしろ周りを気にしすぎなくらい。たぶんすごく良い人だと思う。※私も良い人だし(笑)

ここで一つの仮説を立てる。周りが「浮き認定」してる残念は人は、ガチで浮いてる人で、自分で浮いてるかも?って思ってる人は、考えすぎの人という説。

検証していこう。

「周りが浮き認定してること=浮いてる」つまり、周りが「あの人浮いている」と思えば当然ながら浮いている率は100%に近い。しかし、自分で浮いてるかも?って思った人はそう思う要因が必ずあって、それが無視だったり嫌がらせだったりした場合は、考え過ぎではなくてガチで浮いてる可能性が高い。よって考えすぎの人だと断定はできない。

一旦整理すると

「周りが浮き認定してる人」は完全に浮いてる人。
自分が浮いてるかも?って考える人には2種類あって「ガチで浮いてる人」と「考え過ぎる人」のどちらかである
  • ガチで浮いてるのか
  • 考え過ぎなのか

この判断基準を誰がどのように決めるかが、この仮説の課題。客観的な判断が必須なので、本来なら第三者が周りの人たちにインタビューするとか、匿名アンケートをやるとかで明確な回答を得ることは可能。しかし、社内でそんなくだらない、いじめのようなアンケートなどやれるわけがない。

周囲の本音が聞き出せない以上、自己判断せざるを得ない

では、どうやって自己判断しようかと検討した結果、簡単に自己判断できる方法を発案した。

下記の5問で当てはまると思う項目に◯をつけてほしい。

  1. 社内で「本音で話せる人」は2人以下※上司含む
  2. 出勤~退社まで話しかけることはあっても話しかけられることはない※週三日以上
  3. 基本的に1人で完結する業務内容で、他人との接点がない
  4. 常に居心地が悪くて勤務が苦痛
  5. 周りは飲みに行ってるようだが、自分はこの3ヶ月誰とも飲んでない

上記の5項目のうち3つ以上◯がついたら「セルフ浮いてる認定」していいだろう。

ところがどっこい、浮いてて良い!

今までは「浮いてる=残念な人」という流れだったけど果たして本当にそうだろうか。

大局で考えると、ある意味ビジネスの世界は浮いてなんぼの世界。人と同じことやったって、成果は人と同等かそれ以下。

「浮いてる=一目置かれてる」「浮いてる=警戒されている※認められている」などなど、尊敬や脅威で浮いてる場合も全然あり得る。

であれば、どっちに転んでもそれならそれでいいじゃない。人気商売やっているわけじゃないし、選挙活動しているわけじゃないし。人の顔色を伺いながら仕事するのはとても神経とエネルギーを使う。1円にもならないしょーもない行為。しかしながら、目立たないようになるべく浮かないように仕事するのもこれまた真っ当な心理と言える。

つまり、どちらも偽りなき自分。

であれば、もう、浮いてようが浮いてなかろうがどーでもいいじゃないか。最近はそう思うようにしている。もしあなたが同じような悩みを抱えているなら、もう悩まないでほしい。

人生浮いてなんぼ理論

もう開き直って行くしかない。相手の脳みそは覗けないし、コントロールできないから、悩んでも悩まなくてもどのみち結果は一緒。ならばやるべきことは一つ。もう周りの顔色を伺う人生にサヨナラしよう。

浮かねぇリーマンは、ただのリーマンだ
スポンサーリンク
レクタングル大