「今夜は無礼講だ!」こんな無責任な言葉のせいで一体どれほどの人が犠牲になったのだろう

photo-1448960968772-b63b3f40dfc1

以前、私はホテルで働いていた。そのホテルは一流どころか三流ホテルだったので、典型的な「名ばかり分業制」で人が足りない時は皿洗いから提携してた企業までの送迎(普通免許で乗れるマイクロバス)まで、何でもやらされた。今となっては良いのか悪いのか分からないけど、お陰様でホテル業務は人通り経験できた。

拝啓 支配人殿 もう10年以上前、一緒に働いていたホテルでの話になります。 大変お世話になったにも関わらず、失礼な形で退職してし...

当時20代の私は元気で多趣味で怖いもの知らず。

おっさんになった今とは別人のようにアクティブだったので、デートに飲み会・釣り・スノボー・車イジリなどなど、毎日毎日遊び呆けていた。バイクも乗っててホテルのバイク仲間がやってたちょっとしたツーリング倶楽部にも参加してた。何人かでツーリング行って温泉入ったり富士山登ったり。まあ、当時はそれなりに楽しかったような気がする。

温泉入って裸の付き合いなんかすると何となく心も打ち解けるので、けっこう深い話も出来る。こういう機会で部署間の仲の悪さも個人レベルで多少緩和できたりもする。特にホールと厨房は超仲悪かったけど、こういったコミュニケーションもあって私はさほど人間関係で苦労してなかった。そんなバイク仲間の一人に田中さん(仮称)がいた。彼はコックさん。

私はレストランでも働いてたし、年上で当時すでに家庭もあってアニキ的な存在だったヤンキー気質の気さくな田中さんとは仲良くさせてもらってた。

さて、そんな田中さん、ホテルに来る前はこジャレたチェーン展開してるレストランで働いていたらしい。

辞めた理由は

「今日は無礼講だから何でも話してくれ」と言われて、何でも話しちゃったから・・・

何とも切ない話である。
彼は青二才の私に酔うと真剣な顔して、何度も何度もこう言っていた。
○○君、会社の偉いやつに言いたいこと言ったら、ダメだよ。今夜は無礼講だ!なんて一番信じちゃいけない言葉だよ。おれもそうだけど、ほぼ100%これで、失敗してるから・・・
 当時は気にも留めない話だったけど、アラフォーになった今、「田中さん、あんたの言うとおりだったよ」って心から思う。何を隠そう、現在、社内では毒舌ぶっちゃけキャラで逆に信頼を得ている私だけど、気心の知れない上司には本音は言わないし、どんなに気心の知れた上司でも絶対無礼講などやらない。
会社において、「ここだけの話」とか「〇〇さんだから言うけどさ」とか「今度絶対ふざけんなって言ってやるよ」とかは単なる枕詞であって、実際は「うそ」だと思った方がいい。
ガチで辞める覚悟が出来てる人間以外は本当の事を言わないものだ。住宅ローンが30年も残ってて自分の不利益になることを言う訳ないし、逆に一時の感情で全てを失う言動は、言った本人は正義感を振りかざして一瞬ご満悦かもしれないが「最も愚かな行為」と言わざるをえない。
さて、次に「今夜は無礼講だー」と叫ぶ人の心理も考察しておこう。サンプルは「私」で考えてみた。で、現在30名程の部下がいる私が「今夜は無礼講だー」って叫ぶ時の気持ちを客観的に掘り下げて検証したら2つの深層心理があることに気づいた(キャラ的に私が今夜は無礼講だーと叫ぶことは100%ないけど・・・)
  1. 「今夜はオレ(上司)がガンガン行くぜ!」という決意表明であり、強気な時。内心は「今夜リミッター外すのむしろオレ(上司)」だと思っている。
  2. 「部下の本音を知りたい」自分に自信がない時。弱気なときには「強がり込み」でこう言いたくなる。部下の本音を知りたい。しかし、タチが悪いことに本音を知ったら知ったで「コイツこんなこと思ってやがったのか!」などとムカついて根に持つ・・・
 概ね上記二つに絞れると思う。あとは無意識に枕詞的に使ってるおっさんも多そうだ。
ちなみに、無礼講の歴史は古くて、後醍醐天皇が鎌倉幕府倒幕の際、不信の者を選別するためにルール無用の宴を催したのは有名な話だ。いつの時代も人は相手の本音を引き出すために「今夜は無礼講だー」と叫んでいたのだろう。
とはいえ、最近はあまり「今夜は無礼講だー!」って聞かなくなったような気もする。
あと数年もしたら、そんな事があったらしいという都市伝説になってるかもしれない(笑)
スポンサーリンク
レクタングル大