イギリスのEU離脱が正しい判断かどうかは分からないけど、逆転を狙うなら「離脱」で正しい

download

さて、最近のニュースで私が1番驚いたのは何と言っても「イギリスのEU離脱」に尽きる。

まさかEUを離脱するとは・・・

なんだかんだ言っても最終的には予定調和で残留するだろうと高を括っていたので、かなりインパクトがあった。実は去年の9月にリーマンショック級の大暴落が近々来ると記事に書いたんだけど、本当に来てしまった。

激震!リーマン・ショック級の大暴落が・・・Xデーがもうそこまで来ている?
そろそろ、メガトン級の世界同時株安がくる 最近ちょいちょい来ていたぬるいレベルではないと思っている。 要因はいろいろあるが、3つ...

とはいえ、正式に離脱するのは2年後になるので現時点で株価や為替が乱高下すること自体、よく考えるとナンセンスな話。マネーゲームで地球が回っていることを今更ながら再認識できる。

世間の論調はEU離脱に対して懐疑的なものが多い。

  • イギリス経済は大丈夫か
  • EU諸国のドミノ離脱が始まる
  • ポンドの価値が急落
  • 円高が始まる
  • 世界経済は混迷を極める

確かにそうなるだろう。

しかし、今回はイギリス国民の総選挙なのでイギリス国民がいちいち他国やEUの未来を考えて投票したわけではない。さらに票数はかなり拮抗しており、主に若者は残留を求め、高齢者は離脱を求めた。

EUに加盟している限り、移民・難民を受け入れる義務が生じる。大英帝国という古き良き時代の名残を知っている高齢者にとって「残留NO」は当然の選択だろうし、時代の変革を肌で感じて育った若い世代はEUの恩恵を十分理解しているので「離脱NO」はこれまた当然な判断といえる。

「ifの世界」がない以上、この判断の是非は誰にも分からない

様々な意見や論調があるけど、私は離脱OK派である。とはいえ、私はイギリス国民じゃないし、今は株や為替をやってないので直接利害を受ける立場ではない。その前提であえて言わせてもらえば、現状で残留するメリットがデメリットを超えるイメージが湧かないのだ。あえて言えば「残留しても地獄、離脱しても地獄」いずれにしても厳しい未来が待っている。

であれば、深い傷を負う覚悟で前に進む決意をした人々に未来があると思うのだ。

イギリスは逆転するために変化を求めた。逆転には相当な期間が必要だろう。5年いや10年以上かかるかもしれない。しかし、イギリスは延命ではなくリスクを負って手術に挑んだ。

いずれにしても今回の件をきっかけにEU自体の存在価値がより一層問われることになるだろう。スコットランドの独立問題や、深刻を極める「移民・難民問題」などなど、まだまだ予断を許さない状況が続く。しかも、選挙前に離脱派が示した様々な数字に間違いがあったりして「再投票させろ」という声も大きくなっている。これでトランプ氏がアメリカ大統領にでもなろうものなら、地球の未来はどうなるのか

少し心配になった・・・

アメリカ合衆国大統領選が話題の今、あえてバラク・オバマ氏について調べてみた
日本人が理解できない熱狂がそこにある 2016年11月、アメリカ合衆国大統領選の「一般投票」が行われる。現在は大統領選のプロセスである...

ていうか今更だけど、ヒラリー氏とトランプ氏の2択ってのも若干酷な気もする。「他にいねぇのかよ」ってツッコミいれたくなる今日このごろ・・・

スポンサーリンク
レクタングル大