個人金融資産1,760兆円、現金は900兆円、あるらしい・・・

IMG_0044

さて、今回は日本経済の活性化について、東京の片隅で論じていきたい。

眠ったままの900兆円

タイトルの「個人金融資産1,760兆円、現金は900兆円」は、2016年の6月に麻生大臣が北海道の会合で発言した内容の一部を抜粋したもの。あまりにボリューミーな金額なので庶民派日本代表の私には逆にスケール感が分からなかったので調べてみたら、日本の実質GDPが大体500兆円前後とのこと。

なるほど!

であれば「めちゃくちゃ個人が現金持ってるよね!」ということがよーく分かった。

「いつまで生きてるつもりだよ」はツッコミである

さらにこの発言は「おい、いつまで生きてるつもりだよ」発言のインパクトが強くて、そのフレーズだけが、独り歩きしてしまった感がある。

結果的に本来伝えたかった主旨とはズレた解釈で認識されてしまった。

90歳になって老後が心配とか、訳の分からないことをテレビで言っている人がいたけど、「おい、おまえいつまで生きているつもりだよ』って思いながら見てましたよ。

たしかに表現は良くないけど、悪意あるメディアに「揚げ足を取られた」感が半端ない。

前後の内容を知っていれば、多くの人が単なるウケ狙いの発言(いわゆるツッコミ)で、特に暴言や失言には当たらないと思うはず。「個人が所有する膨大は現金を有効活用しましょうよ」という財務大臣としての見解を、彼なりにジョークを交えて分かりやすく表現している。これが暴言や失言なら、毒舌漫談で有名な「きみまろ」なんて、放送禁止になっちゃうレベルだよね・・・

まとめ

役職定年制度や、ジョブグレード制度など、「50代に厳しい制度」の導入が本格化している現状を考えると、とにもかくにも可能な限り貯金したい気持ちもよく分かる。

53歳4人家族(子供2人)で「人生逆転した人」の貯金額・家賃などをイメージしてみた
さて、今回は約1年ぶりの当ブログ人気シリーズ「○○歳○人家族で人生逆転した人の貯金額・家賃などをイメージしてみたシリーズ」の第4弾。...

とりわけ個人にとっては、日本経済の活性化などどーでもいい話だし、日本経済のために自らの将来をかえりみずに散財するおめでたい人などいないはず。ちなみに、日本の現預金の割合は53%と極めて高く、ユーロ圏33%、米国の13%と比較すると圧倒的だ。この背景には日本人が投資に「何となくリスキー」なイメージを持っていることが大きく影響している。

日本は欧米と比較すると「お金に関する知識」や「経済」を学ぶ機会が極端に少ない。「貯金が不正解」で「投資が正解」だとは全然思わないけど、知識や情報の欠如が選択肢を狭めているとしたら、それはもう不利益でしかない。

お金について本気出して考えてみた
さて、今回の記事は人生逆転の肝であるお金について、あれやこれやと論じていきたい。 「お金がすべて」ではないけれど、お金がないと...

とはいえ、若い世代も老人世代の財布ばかりうらやんでないで、自分たちの力で逆境を跳ね返すくらいの心意気がないと、それこそ日本の将来は危ういと思うのだけど・・・

スポンサーリンク
レクタングル大