祝!出版!インタビュー・ウィズ・ダメリーマン

002

最初で最後の無料キャンペーンのお知らせ

さて、8月11日にやっとの思いで出版した【インタビュー・ウィズ・ダメリーマン】の無料キャンペーンを実施する。

  • 開始日時:2016年8月19(17:00)
  • 終了日時:2016年8月24(17:00)
  • 内容:500円で販売中のkindle本が無料
  • 主旨: 一人でも多くの人に読んでほしい

ちなみに、キンドルファイヤータブレットが無くてもKindle本は読める。

スマホ・iPhone・PCからでも、無料ソフトをダウンロードすればKindle本は読めるので、電子書籍初心者の人も安心して申し込んでもらいたい。500円で販売されてるものが無料で手に入る。

この本は、ダメリーマンへのインタビューを通じて、「人生逆転する方法」を紐解いていく構成になっていて、最後まで飽きずに読めるように工夫してある。

私は以前、人生を変えるために「自己啓発系・投資・副業・出世術」に関する本を読み漁った。読み終えた瞬間は、高揚して「これでオレの人生は変わる」とワクワクしたものだ。この「刹那の快感」はかなり癖になる。ある意味、キケンなクスリである。

当然ながら、その覚醒は3日持たなかった。

結局、いつものような「くそったれの人生」を垂れ流す日々に戻っていくのだ。もちろん、中には今の私を形成する本が数冊あった。その数冊について分析すると、見えてくるキーワードがある。

  • 共感
  • 尊敬
  • 納得

この3つの要素が満たされて、初めて読者にとって【人生のバイブル】になるのではないか。これは私だけに言えることではなく、一般的な法則だと思う。

これ、裏を返せば、その人にとってのバイブルとは、結局、その人の理想を語ってくれる本、夢を代弁してくれる本と言えなくもない。あえて言えば、すでに頭の中にあるモヤモヤっとしたイメージを、上手く文章にまとめているものを、人は「人生のバイブル」に選んでいるのかもしれない。

さて、そういう観点で考えると、私の【インタビュー・ウィズ・ダメリーマン】は「人生のバイブル」にはならない。なぜなら、底辺から人並みになる事が主テーマだから。

人は、現状がどんなに不幸でも、未来の幸福を夢見る生き物。人並みを通り越して、理想を求める生き物なのだ。

だからこそ、明日を夢見るからこそ、生きていけるのかもしれない。

以上を踏まえて、私が【インタビュー・ウィズ・ダメリーマン】に吹き込んだものは、人生逆転の【可能性】と【考え方】である

オレはこんなもんじゃない!と思いつつ、去りゆく日々を為す術もなく悶々と過ごすあなたの【 きっかけ】になって、埋もれている【やる気スイッチ】を押したいのだ

期間限定、最初で最後の無料キャンペーン。

5日間限定のキャンペーンになる。※2016年8月24日17時迄

スポンサーリンク
レクタングル大