祝!日経平均株価2万円突破!とはいえ、私には関係ないが・・・

photo-1417722009592-65fa261f5632

4月10日、15年ぶりに日経平均株価が2万円を突破したという。以前の記事に書いたが私は株式投資から惜しまれつつ(笑)引退しているため、ぶっちゃけ関係ないのだが15年以上株式投資をやっていたので気にならないと言えば嘘になる。

私の投資スタンスは基本的に尊敬するウォーレン・バフェットの手法を鵜呑みにして、バリュー投資を主軸としていたが、愚かで強欲でダメ人間であったため、テクニカル分析や空売りなどもガンガンやっていた。このようにブレブレな投資スタイルであったため、儲かるわけもなく「おれは投資家だ」という自己満足だけでダラダラとやっていたというのが正直なところ。

今になって改めて思うのだが、株式投資は継続してナンボだ。たとえば日経平均が2万円を突破することなど3年前には想像すらできなかった。当時所有していた株を今も所有していれば、儲かっていたかもしれない。結局、忍耐もない投資スタンスも曖昧な強欲人間だから、小額の儲けで売買してしまうのだ。愚かでスケールの小さいしょうもない男である。こう考えると改めて投資センスねぇなぁと思う。今、過去の自分にアドバイスするなら

急いては事を仕損じる

これに尽きると思う。そして15年の投資経験で得た教訓は下記の3つ。

  1. まとまったお金を用意すべき。多ければ多いほどいい。最低でも100万。小額の利益で売買を繰り返しても手数料も手間もかかるし、一回の売買単価が少ないので結局あまり儲からない。時間と労力とストレスを考えると割に合わないことが多い。
  2. 訳のわからない投資信託や銀行が進める金融商品は買わない。意味不明なコストがかかっている場合が多い。結局売る側が儲かるから売りたいのであって、私たちが儲かるから売りたいわけではない。証券会社や銀行は慈善事業を営んでいるわけでない。
  3. 分散投資は利益も分散するので、結局あまり儲からない。投資も人生と一緒でリスクを取らないとリターンはない。リスクを分散するということはリターンも分散されるということ。お金は集まっているところに集まる性質があるので、分散投資は稼ぐという観点で考えるとむしろマイナス。

次に投資と投機の違いを確認したい。

投資

企業の成長率で判断する手法・インカムゲイン(配当および利子収入)

投機

チャートなどのテクニカル手法・キャピタルゲイン(資産の価格の上昇による利益)

まとめ

投機と投資の致命的な違いは明らか。

投機はギャンブルである。投資は企業の業績や将来性を考慮して戦略的に不労所得を得るビジネスだ。この違いをしっかりと理解しないと、私のように少額のバクチを繰り返すことになってしまう。

スポンサーリンク
レクタングル大