amazonのせいで、オレの爆買いが止まらない件

yuka20160818333714_tp_v

爆買いなんて、他人事だと思っていた

そもそも爆買いできるほどお金もないし、根っからの貧乏性なので爆買いなど今までしたことがなかった。しかし、最近になって気軽にカチカチClickしている自分に気付いた。

別に収入が増えたわけでも、なんかのローンが終わったわけでもない。むしろ生活は厳しい。

何かがおかしい、何かが・・・

実は私、以前はヤフーショッピング派。さらにその前は楽天市場派であった。最近、amazonのKindleダイレクト・パブリッシングで電子書籍を出版した経緯もあって、ネットショッピングもamazonを利用するようになった。

インタビュー・ウィズ・ダメリーマン: ダメ人間・負け組から「人生逆転する方法」

使い始めの頃は若干の違和感があったけど、今ではすっかりamazon派。どうやら、タイミング的にAmazon派になった頃から、爆買い魂に火が着いたようだ。

そんな経緯から、amazonの戦略に興味を持つようになって、色々調べてたら面白い事が分かったのでシェアしようと思う。

まず、amazonと楽天市場の特徴を比べていこう

Amazonの特徴

  • 一番利用してるのは60歳以上の男性。また、全ての年代において男性比率が高い
  • 文言は必要最低限
  • 画像は商品のみ
  • ワンクリックで購入出来るシステムがある
  • ショップのリンクはなく、Amazonのシステムで購入

楽天市場の特徴

  • 利用者層は20代以上の女性が圧倒的に多い。スマホからの購入者が多いのも特徴
  • 商品説明、返金や返品の説明等、所狭しと詳しく記載してある
  • 画像は「数・種類」共に多い。特に衣類はモデル着用の画像に力を入れている
  • ショップのリンクが貼ってあり、各ショップで購入するシステム

検証結果

日本のECサイトの両雄を比較したら、面白いほど戦略のコントラストがはっきりと現れた。Amazonは流通や販売システムを一本化することで、ユーザーの「面倒くさい」を極限まで排除している。リアル店舗なら、百貨店、ドンキホーテ、スーパーの戦略が近いだろう。

対して楽天市場は、リアル店舗なら、ルミネ、ららぽーと、アウトレット施設のように、場所をショップに提供する不動産業的なアプローチになる。場所のみを提供し、販売手続きは各ショップが行う。ユーザーとしてはAmazonと比べて「特別面倒くさい」という事はないが、購入後のショップからの販促メールや、送料・返品ルールも店によって異なるからチェックする手間は発生する。

このように「物を売る」という同じ目的のECサイトでも、根本的なビジネスモデルが異なるというのは、何とも興味深い話である。

市場シェアを2つの企業が独占状態で均衡している場合、よほどの事がない限り勢力図は変動しない傾向にある。つまり、Amazonと楽天市場は少なくとも数年、日本のECサイトの頂点に君臨し続けるだろう。

ちなみに、「アマソンおやじ」という言葉が存在するのをご存知だろうか。Amazonでバンバン買い物するおっさんのことを指す言葉だが、まさに私が「アマゾンおやじ」だったのだ。ちなみに73歳になる父親もAmazonでバンバン買い物していた・・・

なるほど、親子揃って面倒くさいことが大っ嫌いな「アマゾンおやじ」だったんだ・・・

P.S.

AmazonのKDPから、電子書籍を出版してから約1ヶ月が経過した。2016年9月11日現在の配布状況は下記。

  • 無料配布37冊※2016年8月24日終了
  • 有料配布4冊

まだまだ人生逆転カオス理論の布教活動は終わりません(笑)終われません(泣)

インタビュー・ウィズ・ダメリーマン: ダメ人間・負け組から「人生逆転する方法」

P.P.S.

Kindle Unlimitedという読み放題サービスが始まったので、Kindle初心者の方は利用してみてはいかがだろうか。月額980円で12万冊読み放題というぶっ飛んだ内容だし、今なら30日間無料で利用できる。当然、私のインタビュー・ウィズ・ダメリーマンも読める。

キンドル・アンリミテッド

キンドルファイヤータブレットがなくても、無料アプリをダウンロードすれば、スマホでもiPhoneでもPCでもKindle本は読める。

さて、今回は「読書のススメ」、さらに読書とあなたの付き合い方について、あれやこれやと論じていきたい。 アメリカ人みたいにカッコよく...
スポンサーリンク
レクタングル大