自分らしく生きたいあなたに「揺らすな!その振り子理論」を贈ります

qualities-954789_640

さて、今回は「自分らしく生きるコツ」を論じていきたい。

自分らしく生きたい、けれど、

ふと、疑問に思う・・・

自分らしさって一体なんだろう。普段何気なく使っている言葉だけど、これをズバッと言える人、そんなにいなんじゃないかな。

そもそも「自分らしさ」の定義も曖昧だし、自分の「自分らしさ」を簡潔に説明するのも難しい。

まあ、一般的には「その人の性格・性質の特徴」のことを「自分らしさ」と表現する。ただ、自分が思ってる「自分らしさ」と周りの人が思っている「あなたらしさ」が違う場合も多い。どちらか、または両方の思い込みが作用しているため相違が生まれる。

どちらが正解という話じゃないし、そもそも他人が決める「らしさ」って、もはや単なるイメージと言えなくもない。だけど、イメージって、つまり「らしさ」だよね・・・

これでは「自分らしさって一体なんやねん!」の堂々巡りである。

こうなると、ドンドン深い所まで掘り下げていっても、結局、結論は出ない。

なので、当ブログはこのカオスに秩序をもたらしたいと思う。

ここで、強力な武器となる理論を紹介しよう。

揺らすな!その振り子理論

実は「振り子の法則」は既に存在していて、人生は良い事もあれば悪い事もあるというスピリチャルな解釈や、心理学的なアプローチからの解釈など、諸説あるのが現状だ。

言いたい事は大体同じで「振り子」にならって、物事はプラスもマイナスも同じ反動があるから「今はどん底でも良い事あるよ」的な内容である。この諸説ある「振り子の法則」を「人生逆転の観点」でまとめて、私の経験則を加えてブラッシュアップしたのが、

「揺らすな!その振り子理論」である

ちなみに、我らがビートたけし氏も何年か前に「振り子理論」を提唱している。彼の振り子理論を要約してみた。

暴力とは反対の方向に思いっきり振っておけば、暴力の側に来た時に思いっきり過激な表現ができる。また、その反動をお笑いとか、あらゆるところで振っておいて、最終的に平面ではなくて360度に振り回すようになりたい。

ビートたけし

さすが、殿。的を得ている。

このように振り子を用いた理論や法則はたくさんある。

振り子を用いた法則や理論は出尽くした感があるけど、あえてまったく違う視点で「振り子理論」を提唱していきたい

前置きが長くなってしまった・・・

そろそろ本題の「自分らしく生きるコツ」を論じていこう。

まず、「自分らしさ」を人生逆転カオス理論流に再定義したい。

頭の中に「空洞の玉子」をイメージする。この玉子の中に鉄球の振り子を設置する。この鉄球はあなたの感情、あなたの感情は左右に小さく揺れている。この状態を平常心とする。

振り子

  • 玉子の殻の大きさは、あなたのキャパシティ
  • 玉子の殻の硬さは、あなたのメンタルの強さ
  • 鉄球の揺れは、あなたの感情の揺れ

辛いこと、悲しいこと、嬉しいこと、興奮すること。これらの外的要因であなたの感情は大きく揺さぶられる。あまりに揺れが激しいと、玉子の殻が破れる。心が壊れる瞬間である。

玉子の殻を割らない方法は二つ。玉子の殻を鉄球が届かないように大きくするか、殻を強くするか。若しくはその両方。

「自分らしさ」とは、つまり、平常心のことを言う。

「自分らしく生きること」と「心を乱すことなく平常心で生きること」は同義である。

平常心を保つにはどうしたらいいか

  • 心を強くすればいい

心を強くするにはどうしたらいいか

  • 自分に自信が持てるようにすればいい。

「自分に自信が持てるようになる」には、どうしたらいいか。

  1. 自分の立ち位置を客観的に把握して、「なりたい自分」と「今の自分」との差を明確にする。差が明確になれば、少しでも前に進んだ時、自信に繋がる
  2. 大きい小さい、カテゴリーに関わらず、成功体験(納得感、達成感)を重ねる
  3. 周りを巻き込んで、何かを成し遂げる(ドラクエのように他者の力を利用して達成感を共有する)

この3つを高レベルで実現できた時、あなたの心は強くなる。同時に人生逆転の邪魔をする「強固なメンタルブロック」を破壊するキッカケになるので、さらなる成長も期待できる。まさに一石二鳥。人生を好転させる要素が揃う。

まとめ

「自分らしさ」とは、つまり平常心。

正確に言うと、平常心の時に現れる無意識の「素の自分」のこと

とはいえ、「欲望の赴くままに生きる」ということではない。

世間には、常識やら、法律やら、たくさんのルールがある。これらの「社会ルール」と「素の自分」とのバランスが一致した時、人はその環境で「自分らしく生きる」ことができるのだ。

P.S.

「振り子」に関する法則や理論が多いのは、「振り子」が持つ規則性にある種の真理が宿っているからであろう。

意味は違うけど「逆もまた真なり」という考え方もベクトルは一緒。

すでにある説も、私の新説も、どれも正解である。あなたのシチュエーションに合った法則や理論を参考にすればいい。

スポンサーリンク
レクタングル大