私たち一般人が抱える大抵の問題は、お金で解決することができる。だからいっぱい稼ごう

024

  • お金で幸せは買えない
  • お金で買えないものに最も価値がある
  • 大切なのはお金じゃない、絆だ

本当にそう思いますか?

以前、ホリエモンこと堀江貴文氏が「カネで買えないものはない」と発言して物議を醸した。しかしこの発言、実は続きがあるのだ。

「世の中にカネで買えないものなんて、あるわけない」

「カネで買えないものは、差別につながる。血筋、家柄、毛並み。

世界で唯一、カネだけが無色透明で、フェアな基準ではないか

“明るいおカネ第一主義”の伝道師 ライブドア社長 堀江貴文~その1 (2005年3月4日)

いやはや、続きがあるとないでは、こうも違うのかという典型だろう。「一般人でも頑張って稼げば血筋や家柄なんか関係ないんだ。皆頑張って稼ごう」という心意気を感じるのは私だけだろうか。

さて、本題に入ろう。

個人レベルで考えれば、お金で買えないものはないのではなくて、ほとんどないというのが正解だろう。綺麗事抜きに言えば、お金で買えないものは、ほとんどないと私は思う。

逆に聞きたい。お金で買えないものって何ですか?

愛情?友情?信頼?絆?

では、愛情はどうやって築かれていくのだろうか。家族で考えてみよう。例えば親子の愛情。子供が親に対してどういった愛情を抱くのか。一番大きい要素は育ててくれてありがとうという恩だろう。つまり感謝の念。

では、子供を育てる際、親は何が一番必要なんだろう?

私も二人の子供の親だからよく分かる。子供を幸せにするにはまずお金がいる。ミルク代、オムツ代、幼稚園の費用、食費、おもちゃ代、ディズニーランド代、いくらあっても足りない。

人は親になって、改めて自分の親に感謝する。こうやって、苦労して育ててくれたんだなぁ。ありがとう。 

やはり、お金が必要なのだ。綺麗事は、いらん。

お金で苦労している人はたくさんいる。自分が原因ならまだしも、親の借金だったり、連帯保証人になったら逃げられたり、本人は関係ないのに犠牲になってるパターンが多いのもまた事実。

つまり、血の繋がり、絆、愛情に裏切れたり、巻き込まれたりしているわけだ。なんとも皮肉な話である。

  • お金は悪魔だ。人を惑わし、理性を奪い、人生を狂わす。
  • お金は天使だ。人を自由にし、夢の実現を可能にし、時には人の命を救う。

どっちも正解である。

いまこそ私たちはお金に対して考えを改める必要があると思う。お金は相当危険なシロモノだけど、使い方によって、人の命を助けたりする。結局のところ、使う人次第である。

例えが良いかどうか分からないけど、包丁は凶器にもなるし、美味しい料理も作れる。

まとめ

お金を稼ぐ前にやるべきことは、自分を整えること

大金が入っても冷静な判断が出来るように、日頃からしっかりと「お金について・税金について・稼ぎ方について・借金について」勉強することが必要不可欠なのである。

貧乏でも貧困でも腐らずにお金インテリジェンスを磨かなくてはいけない理由
政府から低所得者へ100万円の手当てが支給されます!※仮の話です もし、あなたが受給条件を満たしていたら何に100万円を使いますか? ...
お金は、使う人によって天使にも悪魔にもなるのだから
スポンサーリンク
レクタングル大