「インタビュー・ウィズ・ダメリーマン」バージョンアップのお知らせ

download

今回は私の処女作「インタビュー・ウィズ・ダメリーマン」更新のお知らせと、更新に伴うシステムの注意点をシェアしようと思う。

インタビュー・ウィズ・ダメリーマン(Kindle本)

アラフォーおっさんが、頑張って電子書籍を初めて出版したのが8月。初めて尽くしで多くの時間と労力を費やした力作になったと思っていたけど、あとから出るわ出るわ不具合の数々・・・

正直めちゃくちゃショックだった・・・

色気を出して通常の表紙(画像)の次ページにWordで概要説明の表紙を入れたら、見事に文字化けの大惨事になっていた。さらに数カ所の誤字脱字や、そもそも内容が(?)な部分を修正したり、実際に購入して読んでみたら気になる箇所がたくさんあった。

その修正がやっと完了し、現時点でベストな状態になっている。

インタビュー・ウィズ・ダメリーマン: ダメ人間・負け組から「人生逆転する方法」

「紙の書籍と違って何度も何度も修正できるのが電子書籍出版の良いところである」という情報を単純に鵜呑みにしていたので、まあ、後で修正してアップすればいいか!と気軽に考えていた。さらに修正した場合の手続きやシステムを全く理解していなかった。

この時点で、大きなしくじりを2つやらかしている。

1.本当のチャンスは一度きり

一度購入して、あまりにも不具合が多いと、ページをめくる気にもならないし、次回作に興味もなくなる。ましてや著者はTHEど素人。

世に出回る先輩書籍より、内容はともかく、構成のクオリティ低下は否めない。さらにいえば、当ブログから購入してくれた方がほとんどだったため、がっかりさせてしまったのではと余計心配になる。

直接、修正の案内もできないし、購入への感謝も伝えられない。愛想を尽かされてしまったのではないかと、気を揉む日々が続くのであった。

2.システムを理解してない

「販売者が更新したら自動で購入者の端末にあるkindle本が更新されるシステムになっている」と思い込んでいた。

しかし、実際は販売者が更新しても自動で更新されるシステムではない。一度購入した端末は「お問い合わせ」で修正版のダウンロードを依頼をしないと、何度更新しても以前のデータ(旧データ)がダウンロードされててしまう。この問題を解決する方法は、販売者がAmazonに「購入者が修正版をダウンロードできるようにお願いする」必要がある。しかし、お願いしても修正の重要度のよって、下記の対応がなされる。

  • 購入者全員にメールで知られる。
  • 購入者がAmazon.co.jp の「コンテンツと端末の管理」ページで修正版を受け取ることができる(メールでは知らせない)※今回の対応はこれ

さらに購入者は、修正された Kindle 本を自動的に受け取りたい場合は、「コンテンツと端末の管理」ページで本の自動更新機能を有効にすることで自動更新される。

ちなみに私も修正版を確認しようと再度購入したが、修正が反映されておらず、アップロードがうまくいかなかったのかと思い、何度も何度もアップロードを繰り返してしまった。

実際はちゃんとアップロードされていたけど、一度端末にダウンロードされたものは、個別連絡しない限り、修正版は配布されないシステムだったのだ(何度やっても以前のものが配布されてしまう)

つまり、こちらから積極的にアプローチしないと、更新版を購入者に届けることができないのである。

本当はアプリのように自動で更新されるのが一番良いけど、現状は申告された案件のみ対応する方針のようだ。であれば、「紙の書籍と違って何度も何度も修正できるのが電子書籍出版の良いところである」とは、一概には言えないのではないか。

出版側としては、なるべく更新しないで一回のアップロードで終わるように推敲に推敲を重ねるべきであろう。

ちなみに、新たに購入する方には、無条件で最新版をダウンロードできるのでご安心を。

スポンサーリンク
レクタングル大