「耳毛課長」という衝撃のあだ名に絶望しないために

peeping-tom-316125_640

今回はおっさんになっても「最低限の身だしなみ」は意識しましょう、というお話。

身だしなみについては人生逆転の観点から考えても重要な要素だと考えている。何度か記事にしているけど、今回は自分への戒めも込めて、もう少し掘り下げて考えてみた。

「無能な私たち」は「有能な人々」との差を埋めるために、身だしなみを意識する必要がある。 人は見た目じゃないという意見があるけど...

始まりは満員電車

私は東京都の端っこに住んでいるので、毎日毎日、狂気に満ちた満員電車に揺られている。はっきり言ってあの狂気を受け入れている時点で正気の沙汰ではないと思う。赤の他人が密着してきて身動きもとれず文句も言えない。でも、ラッシュを避けるために早起きするのも辛い。まさに八方塞がり。

サラリーマン人生、最大の敵は満員電車! 満員電車については以前から警鐘を鳴らしてきたけど、まだまだ言い足りないので再度、論じていきたい...

先日、一気に乗り込んでくる駅でのこと。

どこからともなくおっさんが流れてきて、なぜか私とT字になった。分かりやすく言うとTの字の横線が私で縦線がおっさん。おっさんとおっさんがTの字で密着するという最悪の状況である。まさに地獄絵図。

%e3%81%8a%e3%81%a3%e3%81%95

この体制だとおっさんの横顔のみが私の視界に入る。スマホを見るスペースも確保できない状況。普通にしていると視界に入るのはおっさんの横顔のみ。当然見たくないので目を静かに閉じようとした、その一瞬の刹那、見てはいけないものが見えた気がした。

「あれ、最近また飛蚊症(目に浮かぶ糸くずみたいなヤツ)が悪化したのかな」そう思いながら二度見してみる。「いや、飛蚊症じゃねぇーな」心の中でつぶやくT字の横線おっさん。

間違いなく目の前にある耳の中から10cm程の毛が伸びている。

おっさんとはいえ、同年代くらいでどちらかと言えば小奇麗なおっさんなので、なんかショックだった。どうせなら小汚いおっさんであってほしかった。おそらく違和感なくスルーしていただろう。

その縦線おっさんはLINEで誰かとトーク中で、どうやら部下らしき人物とミスの処理についてやり取りしているようだった。そこに課長の文字を発見。その瞬間、私は思った。

この人、ぜったい「耳毛課長」って呼ばれてるな・・・

耳毛は太くて真っ黒だから、かなり目立っている。

だから普通ならぜったい周りの人が気付いて指摘するはずなんだけど・・・

奥さんとか、子供とか気付かないのかな。それとも独身なのかな・・・

赤の他人だけどすごく興味が湧いてしまった。女性社員にもヒソヒソ言われてるだろうとか、満員電車で毎日こんな風に思われているのかと思うと同情の念すら湧いてくる。

しかし、意味不明な優越感に浸っていた私にだんだん不安が押し寄せてきた。

ていうか、おれの耳は、だいじょうぶだろうか・・・

そう考えただけで居ても立ってもいられない。しかし、駅のトイレや会社のトイレでは、うまく確認できなかったので、家に帰ってこっそり確認してみた。

すると、

耳たぶの上の部分から1cm程の毛が・・・


ショックだった・・・

ショックだったけど、1cm程度で気付いてよかった。この程度なら、たぶん「耳毛課長」とは呼ばれていないはず。T字の縦線おっさんに感謝である。

Gotofine 毛抜き 人気のピンセット ステンレススチール 3セット 先平タイプ 先斜めタイプ 先細タイプ

その夜、Amazonで「毛抜き」を購入したのは言うまでもない。

スポンサーリンク
レクタングル大