「え、あの人がこんなことを!」人生逆転したいならギャップを創り出せ

033

さて、今回は人生逆転に必要な要素として「ギャップ」を取り上げる。

ギャップの一般的な定義を考えてみた。

大きなずれ、食い違い、すきま、逆の一面、意外性のこと。プラスの意味でもマイナスの意味でも使用する

なぜ、人生逆転に「ギャップ」が必要なのか?

答えは簡単。単純に魅力が増して、好意的な印象を与える効果が期待できるから。好意的に思われることにデメリットはない。

もちろんギャップがマイナス面に作用する場合もあるけど、あくまでもこれは戦略であって、天然キャラの話ではない。つまり、好意的に思われる戦略を練れば回避できるはずだ。

ギャップで、相手は無防備になる

ギャップが効果的に作用する状況を考えてみよう。

  • こわそうなヘビメタ兄ちゃんが子犬を愛でる
  • 悪そうな少年がおばあちゃんに率先して席を譲る
  • 日本では頼りにならない男が語学堪能で海外では無双
  • 気弱そうだけど、実は男らしい
  • ミニスカポリス
  • 清純なイメージなのに、大胆

どれも魅力的なキャラクターである。人間はギャップを感じた時、猫だましを食らって思考停止する生き物。その一瞬を使って懐に入り込むのだ。

ギャップ萌え萌え理論

当ブログが定める「ギャップ萌え萌え理論」は、2つのパターンに分けられる。

  • 悪そうな人が、良いことをする
  • 頼りない人が、実はすごい

この2パターンを恣意的に演出すればいい。長期に渡ってキャラ設定するなら「キャラ立ちバリア理論」に通じるところもある。

さて、今回は久々にオレ理論を論じたいと思う。 結局、一番めんどくさいのって人間関係だと思いませんか? たとえば退職理由。 ...

ギャップ戦略

ギャップ戦略は、映画やアニメのキャラ設定でもよく使われている一般的な手法の一つ。普段はエロいだけの冴羽獠が戦闘になると強くて硬派だったり、普段はおとぼけキャラの悟空が戦闘モードになると無双だったり、挙げればキリがないほど、たくさんの萌えキャラが巷にあふれている。実際に「ギャップ萌え」という言葉はすでに存在しており、主に色恋沙汰に使われることが多い。

そんなカラクリが分かっていても、人はギャップというカラクリに魅力されていく。

もうこれは、DNAに刻まれた本能と言っていい。こういった「本能のレバレッジ」をうまく利用して、人生を優位に進めることができれば、人生逆転に一歩近づくことができる。

注意点

先ほど、「悪そうな人が、良いことをする」が「ギャップ萌え萌え理論」に当てはまるとお伝えしたが、この逆、つまり「良さそうな人が、悪いことをする」は逆効果になることは押さえておきたい。

なぜ、「逆もまた真なり」が通用しないのかといえば、ゴールがネガテイブ要素だから。

〇〇だけど、▲▲である」の▲▲の部分がネガテイブ要素の場合、ギャップ萌え萌え理論は作用しないで、印象がさらに悪くなるだけになる。

ギャップ萌え萌え理論を実践する時、このポイントだけは忘れないでほしい。

スポンサーリンク
レクタングル大