退職したい人は、もう、いませんか?

さて、今回はメンタルについて論じていきたい。

最近、私の周りでも「心の病」を患う人が多い。「心の病」は外見では分からないし、発症していない時に会えば、なおさら分からない。 心の...

最近の若いヤツは、◯◯だ!

と言いだしたら完全にオヤジだけど、言わざるを得ない状況が続いている。

無断欠勤なんて当たり前。そのまま数日感、連絡取れないヤツ、本人の希望通り何度も配置換えしてあげても結局、無断欠勤を繰り返すヤツ、 もはやクビにならなくてうらやましいレベル。

気持ちは分からなくもないが、辞めるならスパッと辞めて次のステージに進むべきだし、本人にとっても会社にとっても納得感がないまま働き続けることはお互いにとってマイナスしかない。特に最近多いのが新入社員の無双ぶり。ここまで多いと受け手のこちら側にも問題があるのかもしれない。

とはいえ、無断欠勤のまま退職するヤツもいるし、辞める理由をご丁寧に説明してくれるおめでたい人もいないので、会社側にある「辞める原因」が改善されないまま、負のスパイラルが続いていく。

新入社員に関わらず、辞めるときは今の会社のことなんてどうでもいいわけで、本心を言ってくれる人はほとんどいないだろう。「関わりたくない」というのが正直な気持ちだと思う。まあ、私もそうだった・・・

明らかにメンタルがやられてそうな人は心療内科等のクリニックを受診するケースも多い。そうすると大体、パニック障害とか、うつ病の診断がでる。

こうなると、

  • 会社の環境はどうなのか?
  • ブラック企業ではないのか?

そういうことも考えなければならない。すでに勤務している人には想像もつかないことが、新人にとっては大きなストレスだったり、辞める原因だったりする。

とはいえ、ほとんどの場合は様々な要素が複雑に絡み合って、辞めたいという欲求の塊が日に日に巨大化していくパターンだろう。

先天的な問題も疑ってみる

ここで注意したいのが、もともと先天的にメンタルに問題を抱えていた場合。今までなんとか頑張ってきたけど、今回一気に爆発してしまったとか、今までのストレスが溜まりに溜まって限界がきたとか、そういう場合は本人も周りも限界がきて初めて気付く場合が多い。先天的な要因があって劣悪な環境や極度のストレスによって併発するケースだ。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

もし、先天的に問題があると自覚していれば、無理しないとかストレスをためないとか、対策を立てることができたかもしれない。

まとめ

  • なんか他の人と違うなぁ
  • どうも生きづらい
  • 何回も転職してしまう
  • コミュニケーションがうまくいかない
  • ていうか外に出たくない

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

もし、上記のような悩みを長い間抱えているなら、思い切って病院に行くことも考えてみる。

風邪をひいたら医者に行って薬をもらうように、心が風邪をひいたら心療内科に行って薬をもらう。

それくらい気軽に考えていい。

スポンサーリンク
レクタングル大