53歳4人家族(子供2人)で「人生逆転した人」の貯金額・家賃などをイメージしてみた

さて、今回は約1年ぶりの当ブログ人気シリーズ「○○歳○人家族で人生逆転した人の貯金額・家賃などをイメージしてみたシリーズ」の第4弾。

ちなみに第1弾~3弾をまだ見てない人はぜひ見てほしい。

30歳4人家族(子供2人)で「人生逆転した人」の貯金額・家賃などをイメージしてみた
当ブログは人生逆転を目的としている。しかし、「人生逆転とはどういう状態のことなのか」は人それぞれの現状や理想によって全然違う。だから...
25歳独身で「人生逆転した人」の貯金額・家賃などをイメージしてみた
今回は人生の節目でもある25歳について、あれやこれやと論じていきたい。 25歳は人生の節目 ちなみに私の25歳といえば、ホテルで...
42歳4人家族(子供2人)で「人生逆転した人」の貯金額・家賃などをイメージしてみた
さて、今回は当ブログの人気シリーズ「○○歳○人家族で人生逆転した人の貯金額・家賃などをイメージしてみたシリーズ」の第3弾。 ちなみ...

53歳、人生逆転の定義

まず人生逆転の定義をおさらいしておこう。

同年齢平均年収の120%以上の年収がある

例題として「53歳4人家族、子供2人」で検証していく。家族構成は、嫁が専業主婦で、子供は上の子が大学1年、下の子が中学2年生とする※ちなみに私の10年後をイメージ

平均年収についてはデータ毎に少々ブレがあるけど、53歳男性の平均年収は670万くらいが相場のようだ。ちなみに53歳女性の平均年収は427万円。

今回は男性のみのデータで検証していく。53歳男性の平均年収670万が多いのか少ないのか分からないけど、50代は人生のクライマックスのようで、平均年収にも他の年代にはない大きな特徴がある。

  • 50代前半は、全年齢で最も平均年収が高い
  • 男女格差が大きい
  • 50代後半は一気に平均年収が下がる

さすがに50代になると、良くも悪くも人生の方向性、生活水準や収入が固まってしまうようだ。当然1000万プレイヤーもゴロゴロいて、5人に1人はいるという衝撃のデータもある。

さて、人生逆転の定義を当てはめてみよう。670万円の120%は、804万円・・・

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!800万超え~

800万円あれば、よほどアホな散財をしない限り、金に困らない生活が送れるはず。十分な勝ち組ですなぁ。

年収804万円だと月の手取りはだいたい50万円(保険や税金により変動)になる。

では、人生逆転のもう一つの定義である家賃や住宅ローンなどの住居にかかる支出は手取りの20%、貯金は手取りの10%」も使って、具体的に項目ごとに確認していこう。

  • 水光熱費⇒3万円
  • 家賃または住宅ローン⇒10万円
  • 教育費(自宅通学で国立大学)⇒10万円
  • 食費⇒7万円
  • 駐車場代⇒1万円
  • 通信費(携帯・Internet)⇒3万円
  • 車のローン⇒2万円
  • 小遣い(本人)⇒5万円
  • 小遣い(嫁)⇒4万
  • 雑費(その他)⇒3万
  • 貯金⇒5万円

上記で合計53万円となった。

ちなみに、教育費の10万円は自宅から国立大学に通った場合の4年間の合計費用約500万円を在学中に毎月払ったと仮定した費用。便宜上記載したが、実際は年2回、前期後期で支払われるから毎月かかる費用ではない。

よって、計画的に500万ほど貯金しておけば、毎月の支出は発生しない。つまり10万円は、まるっと貯金や投資に回せる費用と考えていい。さらに住宅ローンは月10万円以内はOKという意味なので、毎月の支払いが10万円以下なら、差額は足りない項目に使えばいい。

まとめ

50代前半という会社員のクライマックスに向けて、どこまで年収を上げれるか、逆算してみよう。今の年収がいくらで、800万までいくら足りないのか。実際に計算して人生逆転の道筋を考える。

ちなみに、50代後半の平均年収が一気に下がる要因は、役職定年制度(通常の定年の前に役職が外される制度)が55歳前後に定められている企業が多いから。55歳といえば、年金が支給されるまで10年もある。10年ってけっこう長いよね・・・

いずれにせよ厳しい現実が待っていることは間違いなさそう。

今後は役職定年制度ジョブグレード制度等の「50代に厳しい制度」が一般的になるだろう。

そろそろ真剣に「会社だけに依存しない生き方」を考えておいた方が良さそうだ。

スポンサーリンク
レクタングル大