ハロー、フレディ 会いたかったよ。

今回は最近久びさに音楽でシビれたという話。

洋楽漬けだった青春時代にPLAYBACK!

THE STRUTS(ザストラッツ )

故フレディ・マーキュリーのペルソナを有したボーカル。

80年代のハードロックテイストにチープ・トリックのような甘美で切ないメロディ。もちろん未体験ではない、同じようなテイストを持ったアーティストはたくさんいた。例えばマイ・ケミカル・ロマンスとかMIKAとか。

しかし、ここまでノスタルジックで切なすぎるgrooveを醸し出すバンドは最近見かけなかった。

いやいや反則でしょ。43歳のおっさんがキュンとしたよ。そして思わずつぶやいた。

ハロー、フレディ。会いたかったよ。NEWアルバム、吹っ切れてて最高にCoolだね。

さらに、歌詞がまた切なくて良い感じ。PVに映るボーカルのルークは、若かりし頃のフレディ・マーキュリーに見えてくる。思わずフレディ・マーキュリーの生まれ変わりじゃねぇ?って言いたくなるくらい。もはやパクリでもリスクペクトでもなんでも良い。いずれせしても、すごいからさ。

さらにミック・ジャガーのテイストも入っている。

フレディにミックって・・・どんだけ大御所のテイスト持ってんだよ!

とはいえ、やはり本家には敵わない。フレディ・マーキュリーは唯一無二の天才であることは疑いのない事実だし、ミック・ジャガーのカリスマ性にはほど遠い。

しかし、そんなことどうでも良いくらいテンションが上がるのは私だけではないはず。

人生に疲れた時、元気が出ない時に聴いてほしい名曲ランキング ベスト3
さて、今回は人生に疲れた時にリフレッシュできて、前に進む勇気をもらえるおすすめの曲を紹介したい。 私の独断と偏見で決めたものな...

特に、今アラフォー世代で青春時代に洋楽ロックを聴いていたあなたなら、あの頃の甘酸っぱい青春を思い出すことだろう。

さらに、日本デビュー作になる【EVERYBODY WANTS】は捨て曲なしのモンスターアルバム。

これぞハードロックという楽曲のオンパレード。ハード過ぎずポップ過ぎず。誰かに似ているようで似ていない。ありそうでなかった。そんな不思議なアルバムに仕上がっている。

アルバムの中には、クイーンもローリング・ストーンズもキッスもモトリーもボンジョビもプライマル・スクリームもシンデレラも詰まっている。

モトリー・クルーやローリング・ストーンズの前座を勤めたり、サマソニに出演したり、ある意味順風満帆なスタートを切った。今後、その他大勢のバンドに埋没するかどうかは、2枚目のアルバムにかかっている。

とにかく80年代からタイムマシンでやってきたようなバンドである。

ジャンルで言うと、グラムロックとかハードロックになると思うけど、今後飛躍するにはもう一皮むける必要がある。

曲は良い。パフォーマンスも良い。しかし、強烈なフックがまだ足りない。

時代を変えるような、強烈な楽曲がほしい。例えば、QUEENのボヘミアン・ラプソディ、ローリング・ストーンズのサティスファクション、のような。まあ、そこまでいかなくても、ニルバーナ、ガンズ、U2、グリーンデイ、ストーン・ローゼズのような時代を変える存在になってもらえたらうれしい。

うーん、我ながら、むちゃぶりだ・・・
スポンサーリンク
レクタングル大