初心者の私が動画を作成してYouTubeにアップしてみた

この前の記事で「人生逆転カオス理論」を世に広める手段としてYouTubeを有効活用しようかなぁ、という記事を書いた。

さて、今回はユーチューブについて、あれやこれやと論じていきたい。 Googleに次ぐ第2位 今やYouTubeは、Googleに...

で、早速作成してアップしてたので、ご報告と作成する過程で分かった様々な気づきを書いていきたい。

祝!YouTubeに動画投稿

まずは作成した動画をご覧頂きたい。本格的な動画作成として3作目。

仕事でも使うPowerPointでプレゼンぽく仕上げてみた。自分の声を録音する環境が用意できなかったので、YouTubeが提供しているBGMからロックっぽいものをチョイス。

この動画の目的は私が書いた電子書籍「インタビュー・ウィズ・ダメリーマン」の告知。

今は視聴回数も鼻くそ程度(しかも自分のみ!)だけど、今後どうなるのか、楽しみっちゃ楽しみだ。

気付いたこと

顔出ししなくてもいい

ほとんどのユーチューバーが顔出ししている。YouTubeやるなら顔出さないとダメなのかな?漠然と思っていた。

しかし、ご存知の通り顔出ししていない動画がたくさんの視聴回数を稼いでいる。とはいえ、そういう動画は著作権に違反しているものも多い。

どんどんYouTubeの検索アルゴリズムも進化していくだろうから、著作権違反のものは淘汰されていくだろう。

そうなると残るのはオリジナルのコンテンツ。だから今のうちにどんどんクオリティの高いオリジナルコンテンツを作っていくのが最適解だと考えている。

動画編集は面白い

個人差は確かにある。

実は私自身、動画に関してはかなり苦手意識をもっていた。興味はあったけど、めんどくさそうだし、なんか胡散臭いような気もするし。

だけど、いざやってみると、そんなに難しくないことがわかった。

動画さえあれば、BGMもテロップもユーチューブ内で用意されている。

さらにムービーメーカーなどの無料ソフトを使えば、かなりいい感じの動画が簡単に作成できる。

私は仕事でパワポを使っていたので、最初の難関である第1作も比較的スムーズ作成できた。

そして、一番のポイントは動画作成の方法が先人によってYouTubeにたくさんアップされていること。

無料でハウツーがいくらでも手に入る。たぶん少し前なら有料だった情報だと思う。

ユーチューブ見ながら、ユーチューブに投稿する動画を作る

そんなことがサクッとできる時代なのだ。

動画は長い方がいい

最低でも5分以上と言われている。

実際1時間を超える動画が多く上位表示される傾向にあり、今後もその傾向は変わらないだろう。

とはいえ、スッカスカの内容で長時間だと信頼を失う可能性もあるので、クオリティが重要であることは言うまでもない。

P.S.

YouTubeでハウツーを見ながら、先日、私が「実際にみた夢」の内容を動画にしてみた。

Windows標準ソフトのムービーメーカーを使って2日間5時間くらいで完成。バリバリの初心者なので、保存するの忘れたり、やり直したり、だいぶやらかしてしまっての5時間だから、作業時間は今後は短縮できると思う。

ちなみにタイトルは【あの日、あの場所、あの一球】という青春もの。なんと私が甲子園を目指す万年補欠の3年生という設定の夢だった※実際は帰宅部(笑)

人生逆転のヒントも隠れているのでぜひ観てもらいたい。

スポンサーリンク
レクタングル大