「ニート」「引きこもり」から輝かしい未来への脱出計画

世知辛い世の中、いかがお過ごしだろうか。

今回はタイトル通り、ニートや引きこもりが人生逆転する方法をあれやこれやと論じていきたい。

「ニート」「引きこもり」は最先端!

このおっさん、何言ってるの?と思うなかれ。

私はいつでも本気だ。

最先端の理由は単純明解で、彼らの多くは現実に嫌気がさして、バーチャルな世界に身を投じている。生きづらいし誰とも分かり合えない、そんな絶望しかない世界でも、ちゃんと自分の居場所を見つけて生活している。ある意味、地球が住みにくくなるから、火星や月へ移住しようとする発想と大差はない。

もっといえば、人類が最終的に到達するであろう未来【映画アバター(ジェームズキャメロン監督)のような脳みそと身体は別の場所】と大差はない。

さて、今回はいつもと少し趣向を変えて、100年後の未来を妄想してみる。 なぜ今、未来を妄想? 妄想する理由は単純明快。現状の閉塞...

ニートや引きこもりの課題

ニートや引きこもりの死活問題は、親又は支援者が、何だかの理由でいなくなったときの経済的な不安だろう。今は良いけど、将来はどうすれば良いのか、どうやって生きていけば良いのか。

この将来における経済的不安はどう考えても払拭できない。

「このままだと確実に貧困や貧乏になる」そんな真綿で締めつけられるような恐怖は相当なストレスになるだろう。

しかし、実はそこまで心配することはない。

そもそも先のことは誰にも分からない。

ぶっちゃけ将来が不安で不安で仕方ないのは、私たちサラリーマンもニートも一緒。

結局のところ、今は親のすねをかじっていても、最終的に自分でどうにかしないといけないわけだし、将来を心配しだすと生きること自体に疑問が生じるのは、会社員もニートも引きこもりも、マジで一緒。

そもそも、今の日本において経済的な理由で命を落とすことはまずない。

生活保護もあるし、仕事がないわけじゃない。世界的にみてもトップレベルのインフラに治安。やる気さえあれば、ニートだって引きこもりだって十分に人生逆転できる。

武器はその辺に転がっている。考えようによっては現代の日本ほど人生逆転の条件が揃っている国はない。

とはいえ、少なくとも今は社会不適合であることは事実なので、将来に備える必要はある。

そこで、今回は人生逆転するために、将来に向けてやってほしいことを2つ紹介したい。

1.興味あることを極める

自分がやってきたことや、努力してきたことが、結果として成功に繋がる。そんな当たり前のことすら、忘れがちになる。

しかし、取り組んでいる段階では、それが人生逆転に役立つかどうかは分からない。

本当は取り組んでいる時に分かれば良いんだけど、「これこそが人生を変える武器だ!」って思ったものより、「やらされてること」「仕方なくやったこと」の方が、結果として人生逆転に繋がるケースが多いのもまた事実。

過去の「点」は、その時点では「点」でしかない。しかし、振り返ると自分が残した「点」が「線」になっている。成功する過程には必ずこのプロセスが必要になる。

だから、今好きなことは徹底的に極めてほしい。それが人生逆転に役立つかどうかは正直分からない。だけど、役立つと信じて進むことが人生逆転というGOALに進む方法であることを忘れてはならない。

2.ゲシュタルト能力を磨く

ニートや引きこもりは、会社員より自分の時間があるので、ぜひ勉強してほしい。

ここでいう勉強とは、算数や国語のような一般的なものでもいいし、自分が好きな分野でも良い。例えば社会学や現代アート、マーケティング、心理学など。

極論を言えば、私が推奨している「人生逆転カオス理論」でも良い。

なぜ勉強してほしいのかというと、勉強によってゲシュタルト構築を体得してほしいから。

ちなみにゲシュタルトとは、ドイツ語で「状態・全体・形成」を意味する。

今回の記事はゲシュタルト崩壊についてあれやこれやと論じていきたい。 なんやねんそれ! というあなたのために簡単に説明して...

本来はお互い意味がない存在を組み合わせて、総和以上の価値、すなわち付加価値を産む。ざっくり説明するとそれがゲシュタルト構築。

そして、学ぶことは、ゲシュタルト構築を体得する方法として優れている。なぜなら、学問はゲシュタルト構築そのものだから。

さらに、現在の義務教育は1947年から変わっておらず、当時と今の情報の量や更新スピードは比べ物にならない。平均寿命も上昇している昨今、人間の脳も対応できるように学習時間やプログラムも変化すべき。

極論を言えば「30歳くらいまで義務教育でもいいんじゃねぇ?」ていうくらい。

まとめ

最後に「興味あることを極める」「ゲシュタルト能力を磨く」以外にもう一つ人生逆転を加速するプラスαを紹介したい。

楽しそうにすること

なんだかんだ言って、「楽しいこと」が人生において重要なのは言うまでもない。

ニートや引きこもりは、嫌なことをやらないで好きなことをやっているので、少なくとも私たちサラリーマンよりは楽しいはず。なのに私たちサラリーマンと同じくらい楽しそうではない。

これは良くない。

すくなくともサラリーマンよりは楽しそうにしてほしい。楽しそうでない理由は、適応できなかった社会に対する引け目なのかもしれないし、自分への苛立ちなのかもしれない。

しかし、私たちサラリーマンも「社会への不満」「不甲斐ない自分への苛立ち」を胸に秘めながら、家畜のような満員電車や慈悲無き家族サービスによって、余生をすり減らしている。

つまり、少なくとも現時点ではニートや引きこもりの方が楽しいはず。だから、楽しそうに振る舞うべき。そうすれば世間の目も変わってくる。

あえてカテゴリー分けするなら、社畜もニートもおんなじ「負け組」に属する。

よって、お互い切磋琢磨して「勝ち組」「エリート」を蹴散らし、人生逆転を目指す同志といえる。

勝利は我にあり

そう信じて、戦略と武器とマインドのレベルアップする。

人生逆転カオス理論はそんなあなたのために存在している。

スポンサーリンク
レクタングル大