行動指針

人生逆転の五箇条

日々の行動一つ一つの積み重ねが人生を構成している。ということは、日々の行動を目的に合わせて適正化していけば人生を創造できるはず。

冒頭に掲げた【人生逆転の五箇条】は、当ブログの理念である「潜在能力を高めて利回りを最大化する」に結びついた行動指針となる。

つまり、意識して行動すれば、人生逆転の可能性が高まるのだ。

行動指針とは

理念を遂行するために、どのように考えて、どのように行動するかの基本となる方針のことで、個性を尊重しつつも目的に向かって一致団結して組織力を高めるために必要なもの。
人生逆転カオス理論の理念 潜在能力を高めて利回りを最大化する 自分の利回りを最大化する 周りの利回りを最大化する ...

「人生逆転カオス理論」にも、人生逆転を成し遂げるための行動の基本方針があって、その基本方針をまとめたものが【人生逆転の五箇条】である。

では、五箇条一つ一つの詳細を説明していこう。

第一条:バランスを意識せよ

バランスを意識して行動すること。

仕事・食事・人間関係、お金。全てにおいて偏りがあってはならない。例えば、家庭と仕事の時間配分や収支のバランス。さらに部下のえこひいきもご法度・・・

仕事が忙しくても体調が悪ければ休む。これも一種のバランス維持。

誤解を恐れずにいえば、この世の全ては良くも悪くもバランスが保たれている。実力のないものが不用意にバランスを崩すと、必ず良くない方へ崩壊していくのが世の常。

私たち弱者が、あえてバランスを崩して良い時は、しっかりとした戦略がある時と愛するものを守る時くらいだ。

第二条:常にベストを尽くせ

よく考えてみてほしい。ベストを尽くさずして、肯定も批判もできないよね?

ベストを尽くしてなければ経験値として蓄積されないから、どんなに辛い思いをしても、あなたにとって何の意味もない経験になってしまう。

常にベストを尽くさないと過去の経験と今を比較できないし、自分の限界も分からなくなる。

さて、前回の続きを。 前回の記事では脳みそをフル回転させないと人生逆転は難しいと論じた。では具体的に何をすればいいのか?何を考...

別に自らが汗をかく必要はない。その時の状況でベストを尽くしたと自分が思えればそれで良い。

第三条:断捨離し続けろ

断捨離と言っても、物質だけではない。

  • 人付き合い
  • スマホの連絡先
  • スマホのアプリ
  • パソコンのアイコン
  • メール
  • 使用してない銀行口座や証券口座
  • ポイントカード各種

現代社会は、いらないものが多すぎる。いらないものはどんどん捨てちゃおう。

さて、今回は人生逆転の第一歩について論じていきたい。 さあ、人生逆転しようぜ! そう、言われても、まず何から始めればいいか分から...

処理しなければならない情報量は膨れ上がっていくのに、脳みそのキャパシティは変わらない。であれば強制的に減らしていくしかない。

第四条:会計思考で判断せよ

仕事はもちろん、家計にも会計思考を持ち込んでみる。例えば玉子が10円安いからって、車で隣町のスーパーに行くくらいなら、50円高くても近くのスーパーに歩いて行く方が賢い。

車のガソリン代や事故のリスクを考慮すれば容易に判断できること。目先の利益に惑わされず、感情(かんじょう)ではなく勘定(かんじょう)で判断しよう。

さらに決算書の概念を家計に持ち込んでみるのもいいだろう。家計の状況を客観的に判断できるはず。

以前、人生逆転したいダメ社員のリーサル・ウェポンは「逃げないこと」という記事を書いた。 そして今回、もう一つのリーサル...


さおだけ屋はなぜ潰れないのか?~身近な疑問からはじめる会計学~ (光文社新書)

第五条:衣食住を整えよ

まずは【衣】について。

仕事用のスーツや小物はもちろん、プライベートの洋服や小物も意識すべし。極端な安物は避けて、なるべく小奇麗な印象を与えるように工夫しよう。

高くて汚いものより、安くてキレイなものを。高価なモノを持つ必要は全然ない。とはいえ、仕事で使う靴と時計だけはできるだけ奮発した方がいい。

さて、今回のテーマは人生逆転の相棒探し。 腕時計はただの道具じゃない 男にとって腕時計はビジネスパートナーである。常にあなたの側...

次に【食】について。

月並みだけど野菜を多く摂取して、食べ過ぎ飲み過ぎには注意したい。ファーストフードや牛丼ばかり食べていると私のようにγ(ガンマ)-GTPの数値が上がって、お酒をほとんど飲まなくても健康診断でE判定(要精密検査)になってしまうのでガチで要注意・・・

最後は【住】について。

生活の根幹になるので、ある程度のコダワリを持とう。整理整頓や掃除は特に意識すべし。作業効率に影響するので狭いよりは広い方が良い。

無駄なものは徹底排除して、心身ともにリラックスできるような快適な空間を追求しよう。