クラウドファンディング

人生逆転カオス理論を世に広めたい

活動を支援する

リアルカイジなど、なまぬるいは!

人生逆転バトル カイジ

人生逆転のブログをやっている以上、この話題に触れない訳にはいかない。

そもそも私が心の拠り所にしていた「人生逆転」というキーワードで検索ランキング1位という称号をあっさりと奪い去っていったのが12月28日にTBSで放送された「人生逆転バトル カイジ」の番組HP。

⇒【人生逆転バトル カイジ】のHP

けっこう前から、大人気漫画【カイジ】がバラエティー番組になって、リアルなクズを公募するという、斬新な企画が話題になっていた。

もちろんカイジ好きの私としては楽しみにしていた。しかし、検索ランキング1位を奪われたのは地味にショックだった(笑)

そんな感じで、カイジ好きも、そうじゃない人も、「 ざわ ざわ ざわ 」しながら放送日を楽しみにしていたはず。

しかし、正直期待はずれだった。

もちろん私も観たけど、あまりにつまらなかったので途中で風呂に入ってしまった。ネット民の反応も、賛否両論あるものの「ざんねーん」という意見が圧倒的に多い。

※とか言っておいて、挑戦者が地下強制労働施設で作ったボールペンを1000名様にプレゼント!ということだったので、ちゃっかり応募したのはここだけの話だ

なぜ、つまらないのか

  • 漫画や映画のようなカイジの代名詞といえる命を削り合う緊張感が皆無だった
  • 台本ありのバラエティー番組ならストーリーが弱いし、ドキュメンタリーだとしたら完成度低すぎだった
  • ぶっちゃけ、単なる茶番劇にしかみえなかった

twitterの反応

ていうか、賛成派は番組どうのこうのというよりは「出演者に興味を持った」「クズっぷりが心配になった」などのTweetが多かった。その他には、ああはなりたくないと反面教師にするもの、ガチで同情するものも多数あった。

つまり、見世物として興味を持った、ということだろう。

たった200万円?人生逆転は無理でしょ

そもそも論として200万じゃ絶対人生逆転なんて不可能。

amebaTVの『亀田興毅に勝ったら1000万とか『朝青竜を押し出したら1000万とかあるから、200万って輪をかけてしょっぱい金額である。

「TBSさん、もう少し出しても良かったのでは?」という印象が拭えない。

世間に己のクズっぷりを晒して挙句の果てに200万もらえないなんて、どんだけ割に合わないんだって話だし。当然ながら出演料はもらえてるとは思うけど、利益とリスクのバランスがメチャクチャ。

ていうか、借金8億円の人にとっては200万円なんて気休め程度にしかならんでしょ。

そもそもどんなにお金があってもマインドを変えないとあっちゅーまにあぶく銭はなくなるから、人生逆転なんて夢のまた夢だし。

お金は使ってなんぼ!ただし浪費・消費・投資の違いを理解してることが前提である
今回の記事は浪資・消費・投費について論じていきたい。簡単に説明すると下記に分類される。 生きるために必要な支出=消費 今はマイナスでも将来にリターンが期待できる=投資 無駄使い・生きるために不必要な支出=浪費

まとめ

借金総額8億円がガチなら半端ない額だけど、その他の出演者は多くて1000万くらいだったので、ぶっちゃけ額面だけならその辺のリーマンの方が多いんじゃないかな。

なんなら私も住宅ローンが2000万以上あるし(汗)

あの程度の額でクズ認定なら日本のリーマンはみんなクズだよ(泣)

思っていたのと違うから、途中で見るのやめちゃったけど、期待していた分、残念感が半端ない。やはり、何事も中途半端はいかんですな。

なお、優勝して235万円を手にしたニートチャーハンこと福田さんは借金を返して残ったお金でスーツを買って就活しているらしい。

ということは、結局のところ就職することが人生逆転に繋がると考えているのだろう。であれば、その考えは周知の事実なんだから、鼻っから素直に会社員目指して頑張ればいいじゃん、って話に落ち着くんだよね。

そんな福田さんには、当ブログが役に立つはずなので、ぜひ読書になってもらいたいと思う今日この頃です。

貧困
スポンサーリンク
プロフィール
人生逆転アドバイザー
ハルヒコ社長
人生逆転を果たした元ダメリーマンです。サラリーマン生活苦節20年の知見から編み出された「人生逆転する方法」「人生を変える方法」の理論化に成功しました。以前の私のようにもがき苦しみ苦汁をなめている人のために情報発信しています。
ハルヒコ社長をフォローする
ハルヒコ社長をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
人生逆転カオス理論

コメント