教えてくれ。この差は、一体なんなんだ?

先日、取引先の決裁者に思いっきり怒られた。

かなり理不尽なことで。

意味不明にキレるおっさん

こちらに落ち度はない。

理不尽の極み。

まあ、リーマンの仕事なんてそんなもんだというのは、とうの昔から理解しているつもりだけど、つくづく嫌になる。

サラリーマンはこういう理不尽に耐えなきゃならない。当ブログでは「会社を利用すること」を推奨しているけど、社畜を推奨しているわけではない。

さて、今回は人生逆転の先にある「目指すべき姿」について論じていきたい。 会社を利用する 当ブログのコンセプトをざっくりまとめると...

だから、もし会社に依存しなくても生きていける実力が備わっていれば、サラリーマンにこだわる必要はない。

私たちは、あくまでも稼ぐ手段として「会社を利用している」だけなのだから。

ちなみに、その決裁者(以降おっさん)は、かなり偉い人だから彼が言うことは絶対。

だけど、あまりに理不尽かつ短絡的な態度に、一緒にいた彼の部下も困惑していた。怒鳴られた後、私たちをフォローするために追いかけて来るくらいだった。

もう一人のおっさん

イライラが収まらないまま乗り換えで利用した新宿駅の自動販売機の前で突然倒れ込む人を発見。

「あれ、大丈夫かな?」一瞬ヒヤッとしたが、よく見たら自販機の下を覗きこんでいる。しかも全ての自販機の下をチェックしている。

どうやら、探しものは自分で落とした小銭ではないようだ・・・

小銭が落ちてないか、全ての自販機の下を見ている。よく見るとその人は意味不明にキレたおっさんと同じ年齢くらいのホームレス。

なんとなく切なくなった。

あのムカつくおっさんと目の前にいる寂しげなホームレスの違いって、一体なんなんだろう?

そんなことを考えてしまった。

たぶん、明確な理由などないのかもしれない。

どうか神さま、彼に、私に、お慈悲を

資本主義は格差があってなんぼのシステム。そんなことは承知の上であえて思うのは、世の中はつくづく不公平だということ。

マツコ・デラックスが某テレビ番組で「もうみんな限界に来てるんだろうね、いろんなものが」と社会の閉塞感を指摘したことに共感の声が挙がっ...

ホームレスを見て明日は我が身だと思うか。それともオレには関係ないと思うか。

ちなみに私は前者。現時点で、たまたまホームレスじゃないのかもしれない。ちょっとしたボタンの掛け違いで誰にでも転落する可能性はある。

そう思っているからこそ、理不尽のバーゲンセール状態でも会社員として働いている。つまり、どんなに嫌なことがあっても収入が途絶えるのが怖いから会社にしがみついているのだ。

ここはもう、耐えるしかない。

今回は出世に必要なスキルについて論じていきたい。 「出世 必要 スキル」で検索すれば、掃いて捨てるほど出てくる。各サイトの中身...

まとめ

取引先の超絶偉そうなおっさんと寂しげな新宿のホームレス。彼らは言わば対局の存在といえる。

対局の存在である2人の差に「転落人生を歩まないコツ」「人生逆転のポイント」が存在している。

そもそも論として、会社に依存しないと生きていけないなら、会社員に依存して生きるしかない。しかし安心してほしい。会社で揉まれていくうちに徐々に実力も付いてくる。脱出するチャンスがないわけではない。

まずは会社というカオスで爪を研ぐことが最優先。

その先に理不尽から解放される道が開けてくる。

スポンサーリンク
新人生逆転カオスレクタングル大