クラウドファンディング

人生逆転カオス理論を世に広めたい

活動を支援する
スポンサーリンク

疲れた脳に音楽の力を!

さて、いつもの人生逆転という重いテーマから少し外れて、年末年始の家族サービスと仕事始めで疲労困憊の脳みそに音楽でパワーを送りたいと思う。

まあ、ポテチでも食べながら、コーヒーでも飲みながら、一杯やりながら読んでほしい。

人生に疲れた・・・そんなあなたに音楽の魔法を!

圧倒的な情報量で私たちの脳みそはすでにパンパン。インターネットに代表されるテクノロジーの進歩により、20年前とは比べ物にならないほどの情報を処理しなければならないのに、私たちの脳みそは進化していない。

義務教育も当時のままだし、脳みそに関してさほど研究が進んでいるわけでもない。

そりゃ脳みそもパンパンになるでしょ。

完全にキャパオーバー。

そんな折れた弓矢のような脳みそで、さらに家族サービスやら会社でペコペコやらやってたら、そりゃもうやってらんねぇって話だ。

そこで、こんな時代だからこそ、私が推奨してるのは音楽で脳疲労を回復させること。

しかし、ただ聴くだけではない。中高生の頃のようにピュアな感覚で聴くのだ。ポイントはここ。

大人として、おっさんとして聴くのではない。あの頃のピュアで剥き出しの心で聴くことに意味がある。

で、今回は最近私がテンションを上げるために聴いている曲を紹介しようと思う。

椎名林檎 – NIPPON

2014年に開かれたサッカーワールドカップのNHKサッカー放送のテーマ曲。

サッカー日本代表の応援ソングの依頼を受けて書き下ろされた楽曲だけど、そんなことはどうでもいいくらいかっこいい。

ここまで潔く日本人の闘う姿勢や大和魂が宿った曲が他にあるのだろうか。日本語のセンス、演奏と楽曲の完成度、覚悟と勢い、全てに脱帽である。

ちなみに「ハレとケの往来」という歌詞がでてくるが、厳しい練習の繰り返し「ケ(日常)」をしていればと自ずと勝利「ハレ(非日常)」が待っている、という意味。

椎名林檎は、このフレーズに関して「これはサッカーだけの話じゃなくて、人生において厳しい勝負の時に絶対勝ちに行く、楽しみに行く…そこにすべてを込めるしかない」と言っていた。

はい! おっしゃる通りです!

Fun.: We Are Young ft. Janelle Monáe

今さら感満載だけど、最近よく聴いている。

この曲は2011年に発売された曲なので約7年前の曲。だけど、聴けば聴くほど味が出るスルメソングで、また最近よく聴くようになった。

一応お初の人のために簡単に説明しておこう。

FUN.はアメリカのスリーピースバンド。

そして「We are young」は売れに売れたメジャーデビューアルバム『Some Nights』からのシングルカット曲。

全米シングルチャート6週連続1位を獲得。さらに全世界で1000万枚を売り上げた。ロックが苦戦を強いられている中、コールドプレイ以来3年半ぶりにロックバンドとして頂点にたった。

ちなみにアルバムと同タイトルの「Some Nights」という曲も、とてつもなく良い曲なのでぜひ聴いてほしい。

音楽の力
スポンサーリンク
プロフィール
人生逆転アドバイザー
ハルヒコ社長

人生逆転を果たした元ダメリーマンです。サラリーマン生活苦節20年の知見から編み出された「人生逆転する方法」「人生を変える方法」の理論化に成功しました。以前の私のようにもがき苦しみ苦汁をなめている人のために情報発信しています。

ハルヒコ社長をフォローする
ハルヒコ社長をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
人生逆転カオス理論

コメント