VALU

人生逆転カオス理論を世に広めたい

ハルヒコ社長の活動を応援する
スポンサーリンク

下から目線で仮想通貨を見てみると・・・

今さら聞けない仮想通貨の基礎知識

未だ解決の目処がたたない「coincheck(コインチェック)」のNEM流失事件や「zaif(ザイフ)」のシステムトラブルによる2200兆円のビットコインが0円で買えちゃた事件など、予想通りいろいろ問題が起きている仮想通貨業界。

期待と不安と欲望が複雑に絡み合ってカオスっちゃカオスな感じ。

終わらないフィーバー

案の定いろいろ問題は出てきてるし、今後も出てくるだろうけど、仮想通貨に魅了される人々が後を絶たないのもまた事実。

とはいえ、仮想通貨本来の崇高な目的である「新時代の金融インフラ」として、ではなく投機目的の人がほとんど。

さらにビットコインやアルトコインの特徴に魅了される人もたくさんいて、実際に擬人化・キャラクター化が盛り上がっている。

盛り上がり過ぎて仮想通貨少女というアイドルグループまで出現する始末。

 

そんなアゲアゲ感満載のwave&grooveに乗り遅れてしまったあなたのために、今さら聞けない仮想通貨基本の「キ」を、人生逆転を目論む人々が集うブログらしく、徹底して「下から目線」で紹介していきたい。

今さら聞けない仮想通貨基本の「キ」

1.電子マネーと暗号通貨と仮想通貨の違い

  • 電子マネー:SuicaやPASMO、Edy、クレジットカードのことでオンライン決済のこと。中央銀行(日本の場合日本銀行)が発行した貨幣が基準になる。価格変動はない。
  • 仮想通貨:ビットコインを筆頭とした通貨。中央銀行のような管理者はいない。よって、銀行のように送金を仲介する組織がない。価格変動がある。
  • 暗号通貨:基本的には仮想通貨と一緒。日本では仮想通貨と呼ばれているが、海外では暗号通貨(Cryptocurrency)と呼ぶことが一般的らしい。

2.取引所と販売所の違い

  • 取引所:他のユーザーから購入する(株式投資のように「板」を使って売買)
  • 販売所:販売元から直接購入する(手数料は高いが簡単に買える)

※販売所のおすすめはGMOコイン

3.ブロックチェーンとは

一言で言うと取引台帳のこと。

しかも、みんなで持ち合う、みんなで使う、みんなで支える、みんなで監視できる台帳。台帳の1ページをブロック、それを繋げる役割がチェーン。

だから呼び名はブロックチェーン

このブロックチェーンの一番画期的なところは、中央集権として絶対的な力を持った管理者がいないこと。つまり、このブロックチェーン技術を応用すれば、世にある全ての仲介を省くことができる。これは本当に画期的!!

サトシ・ナカモト(ブロックチェーン生みの親)さん、マジ天才っす!!

P.S.

アメリカのカリフォルニアで1849年から始まったゴールドラッシュ。

このゴールドラッシュで儲けたのは金を掘りに来たプレイヤーではなく、彼らに物資やサービスを供給したサプライヤーだったのは有名な話。

LEVISが一気に有名になって、スコップがアホほど売れた。

この教訓を仮想通貨バブルの今に生かせば「今何をするべきなのか」が見えてくる。

投資
スポンサーリンク
プロフィール
人生逆転ナビゲーター
ハルヒコ社長

人生逆転を果たした元ダメリーマンです。サラリーマン生活苦節20年の知見から編み出された「人生逆転する方法」「人生を変える方法」の理論化に成功しました。以前の私のようにもがき苦しみ苦汁をなめている人のために情報発信しています。

ハルヒコ社長をフォローする
ハルヒコ社長をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
人生逆転カオス理論

コメント