VALU

人生逆転カオス理論を世に広めたい

ハルヒコ社長の活動に投資する
スポンサーリンク

お金の匂いしかしないハロウィン(Halloween)がいつの間にか日本に浸透していることに最近気づいた

YOU85_harowinjyosi20131019162822

ハロウィンが日本に定着したきっかけって?

さて、10月31日はハロウィン。もともとはアイルランドに住んでいた古代ケルト人のお祭り。

ケルト人の年末は10月31日。年末になると死者の霊が家族を訪ねてくると同時に邪悪な霊もさまよいだす。そんな邪悪な霊や魔物たちに人間だとバレないように悪魔っぽい格好に扮してカモフラージュする風習が由来らしい。さらに仮装そのものに魔除けの意味があるとのこと。

仮装の風習こそないけど、日本で言えばお盆とお正月が一緒に来た感じだろうか・・・

気付いたらハロウィンが日本に定着していた・・・

最近はメディアの取り上げ方がハロウィンに好意的で、クリスマス並みに盛り上がってるような気がする。一体いつからこんなことになったのだろう。いまや国民行事である。

以前はアメリカで日本人留学生がPleaseとFreezeを間違えて犠牲になった痛ましい事件の影響もあって何となく敬遠されていたような気がする。

しかし、いまやバレンタインデーを抜いてクリスマスと双璧をなす日本の一大イベントになってしまった。

まあ、デパートなどの商業施設はイベントがあった方がキャンペーンを打ち出しやすいので、むしろウェルカムだろう。

しかし、である。

みんながみんなウェルカム!ではないのだ。ハロウィン最高って人には申し訳ないが、アラフォーおっさんの私には幼稚園のお遊戯にしか見えない。ちなみに私はハロウィンが大嫌いだ!

とはいえ、各地でハロウィンパレードが大盛況で、1ヶ月以上前から市場はハロウィンに乗っかっている。

【いつから?】ハロウィンが定着したきっかけは何?

ハロウィンが日本に定着するきっかけは、ディズニーランドとユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)

日本にハロウィンが浸透するかなり前から私の宿敵ディズニーランドは積極的にハロウィンを打ち出している。なんと約20年前の1997年には仮装したゲストをパークに集めるイベントを開始している。ここからすべてが始まった。

そして西の雄USJは、若い女性をターゲットにしたストレス発散の場所としてパークを開放するマーケティング戦略がハマって、2015年10月にはTDLを超える175万人を集客した。

TDL(東京ディズニーランド)はぶっちゃけ嫌いだけど、商売の全てが詰まっているので勉強になる
昨日、家族でディズニーランドに行ってきた。 6歳と2歳の子供を連れて行った。もう、ヘトヘト。抱っこをせがまれて長時間抱っこしていたので腕が鈍く痛い。おっさんになると筋肉痛が3日後以降にくるはずだけど、筋肉痛というよりは限界超え...

これらのイベントがメディアに取り上げられることで、近年のコスプレブームとシンクロしてハロウィンはあっという間にスタンダードに。

さらに、コスプレ発祥の地である日本には既に浸透する土壌があったことも忘れてはならない。

まとめ

クリスマスにしてもハロウィンにしても金の匂いしかしない。アメリカが送り込んでくるカルチャーは消費させるパワーが半端ない。

ダイエット商品とハンバーガーとショービジネスが大量消費されるアメリカ文化の消費拡大戦略
近所の草むらに「野がも」が優雅に顔を出していたので思わず激写。 わが家の周辺は東京だけど23区ではないので自然がいっぱい。近所の川ではカワセミも見かける。たまには自前の画像を入れるのも良いだろうと思い、ノリで入れてみたが、やは...

資本主義の象徴のような国だから「マーケティング」は最先端だし「ダイエット」も「太らすスキル」も最先端。

お金を使わす天才が集まる国。それがアメリカ。あっぱれである。

日本はじわりじわりと侵食されてるのかもしれない。

社会問題
スポンサーリンク
プロフィール
人生逆転アドバイザー
ハルヒコ社長

人生逆転を果たした元ダメリーマンです。サラリーマン生活苦節20年の知見から編み出された「人生逆転する方法」「人生を変える方法」の理論化に成功しました。以前の私のようにもがき苦しみ苦汁をなめている人のために情報発信しています。

ハルヒコ社長をフォローする
ハルヒコ社長をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
人生逆転カオス理論

コメント