VALU

人生逆転カオス理論を世に広めたい

ハルヒコ社長の活動を応援する
スポンサーリンク

仕事・体力・周りの見方、いろいろ変わってくる40歳が人生のターニングポイントになるこれだけの理由

tukin

人生のターニングポイント(分岐点)は40歳

人生のターニングポイント(転機・分岐点・変わり目)は、個人差はあるにせよ、大体40歳前後。

であれば、できる限り40歳までに人生逆転しておきたい。

ちなみに2015年現在、日本における男女の平均寿命は80歳を超えている。だからといって、暗に寿命の半分だから40歳がターニングポイントと言っているわけではない。

一般的に考えて人が世間に出るタイミングは高校卒業か大学卒業になる。そして60歳で定年というパターンが多い。

つまり、寿命は80歳を超えたとしても労働可能な期間は20歳~60歳の大体40年位になる。もちろん70歳でバリバリ働いている人もいる。しかし、人生の舵取りができる期間、主要な期間は大体40年位と考えて間違いないだろう。

40歳前後は仕事の折り返し地点

期間としては約半分終えたところだが、人生の方向性は80%以上固まっている。つまり40歳を超えてくると人生逆転の可能性は極端に下がってしまうのだ。しかし逆転の可能性はゼロではない。命果てるまで逆転を狙うべきなのは言うまでもない。

なお、仕事の折り返し地点という理由だけで40歳前後をターニングポイントと言っているわけでもない。

その他にも切実な理由が3つある。

1.周りの「見る目・要求」の変化

40歳以上になると指導力が求められる。

「自分の仕事」に関しては知識や経験が豊富なので、ある程度のレベルで対応できる。しかし「自分の仕事」をそつなくこなすのは当たり前。同時に知識や経験を部下や組織に落とし込んだり、人やチームを育てる能力も求められる。

よって「自分の仕事だけこなせばいい」という考え方では、どんなに結果を出しても評価されにくくなる。

2.身体の不安

40近くなると身体のどこかにガタが出始める。ちなみに私は肝臓にガタがきている。これはもう仕方ない。40代は今まで蓄積された「病のカケラ」が一気に重症化する時期でもある。

サイレントキラー

自覚症状がないので、本人は気付かないまま病が進行。検査で発見される頃には命に関わるヤバイ状態になってる病気。知らず知らずのうちに重病人になっている恐ろしい病気のこと。

代表的なものは高血圧や糖尿病などの生活習慣病だけど「腎臓・肝臓・すい臓」などの臓器系も多い。

慢性腎臓病や肝機能障害など、恐ろしい病気になることが多い。厄介なことに臓器の8割が殺られるまで分からない。沈黙の臓器と言われるのもうなずける。

サイレントキラーのさらに厄介なところは、毎年健康診断を受けていても数値が極端じゃなければスルーされ続けて、ある日突然数値が急上昇すること。

自覚症状がほとんどないまま再検査したら、実際は手遅れに近い状態だったりするのだ。

心身の衰え

アラフォーにもなると基礎体力の低下が半端ない。

若い頃に比べると体力がガクッと落ちるのも40代。若い頃はへっちゃらだったオールや残業もできなくなる。ていうか、やりたくもなくなる。

よって、仕事に対する姿勢をドラスティックに変えなければ40代に明日はない。

身体だけならまだしも、鬱などの精神疾患になってしまったら人生逆転など夢のまた夢。

くれぐれも、無理は禁物だ!!
40代の人生逆転に一番必要なのは人身掌握術でも社内営業力でもなく、体調管理能力だったりする件
40代の人生逆転 - 重要なのは体調管理能力 私が40代になって感じたのが、体調管理がいかに重要であるかということ。 体調が悪いと、当然ながら作業効率は落ちるし、そもそも出勤できない可能性もある。仕事場というリングに上がれなけれ...

3.環境の激変・急変が始まる

気が付けば親の介護や最期が近づいている。

できれば考えたくない問題だけど、避けては通れない切実な問題。場合によっては仕事を変えたり、住居を変えたりするかもしれない。

今は小さい子供たちも今後どう成長していくか、現時点では分からない。成長するにつれ、予想以上に教育費が必要になることもあるだろう。

さらに、なまじ高給取りだとリストラや転勤を命じられる可能性もある。残念ながら40代以上はターゲットにされやすい。

人生の中でも40歳以降は環境の変化が起きやすい時期といえる。

まとめ

こちらが望む望まないにかかわらず、今まで通りでは通用しないのが40代の仕事。

  • 出世する人
  • 出世レールから外れる人

ある程度、先が見えてくるのも40代の大きな特徴。

いずれにしても自分自身は無理しないで、周りを活かす仕事術」をマスターしなきゃダメってことは間違いなさそう。

あなたが苦手なことは得意な人にやってもらおう!イメージは鵜飼い!
苦手なことは得意な人にお願いすべき 今回は「苦手のことは誰かにやってもらおうよ!」というお話。 誰にでも得意なこと、苦手なことはある。もちろん何でも人並みにできる器用な人もいるけど、そういう人も何かしら弱点はあるはず。 ち...
雑記
スポンサーリンク
プロフィール
人生逆転コンシェルジュ
ハルヒコ社長

人生逆転を果たした元ダメリーマンです。サラリーマン生活苦節20年の知見から編み出された「人生逆転する方法」「人生を変える方法」の理論化に成功しました。以前の私のようにもがき苦しみ苦汁をなめている人のために情報発信しています。

ハルヒコ社長をフォローする
ハルヒコ社長をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
人生逆転カオス理論

コメント