VALU

人生逆転カオス理論を世に広めたい

ハルヒコ社長の活動を応援する
スポンサーリンク

そろそろ知識と技術を集約しとこうか・・・

起こせ!パラダイムシフト!知識と技術を集約せよ!

今回は勤務先で「私が最近思うこと」について論じていきたい。

創業から約20年が経過、カリスマ性のある創業者が一線から退いて数ヶ月経ったが、なんとなく浮ついた感じが抜けてない。学者肌の創業者から直々にノウハウを継承された人間もいないし、各自がそれぞれの役割で昨対と予算を盲目的に追いかけている、今はそんな状況。

そんなカオスな状況で、私が必要だと思っていること。それは社内の技術集約と知識集約

しかし私のような下っ端から経営層も含めて、どこからも同様の声を聞かない。私はいろんな会議で訴えているのだが、私の伝え方が悪いのか、信頼されてないのか、全く取り上げられない。

トホホ・・・我ながら情けない・・・

今こそ、これをやらないと衰退してしまうのに・・・

パラダイムシフトを起こしたい

ビジネスや価値観が一気に動く時、その前に必ず起きているのが技術集約と知識集約。

正確に言うと、起きているのではなく誰かが計画的に起こしているもの。それがパラダイムシフトの正体である。

頭の良い人たちはパラダイムシフトを起こす前に、世界中に散りばめられたアイデアや知識の欠片を拾い集めてビジネスとして構築しているのだ。

最近ではインターネットが起こしたIT革命が、まさにパラダイムシフトといえる。スマホやiPhoneで動画が見れたり、クラウド化したり、そんなの20年前は誰も想像してなかった。

さらに今後はインターネットをベースにしたテクノロジーの進歩で、より情報量が倍増していくため、必要な処理能力は計り知れない。

そろそろ私たちの脳もガチで進化させないとヤバイことになりそう。

さて、話がデカくなりすぎたので話を社内に戻そう。

スケールに違いはあれど、我が社もパラダイムシフトを起こす時期に来ている。企業の寿命は大体24年。

企業の平均寿命は23.5歳、一般的な労働年数は40年、理論上1回は転職する計算になる
今回は企業の寿命について論じていきたい。 実は短い企業の平均寿命 記事タイトルにもある通り、私たちの労働年数より企業の寿命の方が短い。よって、現状がどうであれ、転職の可能性は常に意識しておく必要がありそう。 23.5歳はあ...

あと数年で企業寿命の平均に達する。タイミング的にもそろそろパラダイムシフトを起こすべき時期に入っている。

ていうか、パラダイムシフトってなんやねん?というあなたのためにパラダイムシフトについて簡単に説明しておこう。

時代や分野で当たり前とされていたことが、劇的に非連続で変化すること。

アンゾフの成長マトリックスで考える

別の側面から「知識と技術の集約」を考えてみる。

「知識と技術の集約」をアンゾフの成長マトリックスで考えてみると、パラダイムシフトを起こすには「知識と技術の集約」が必要という合理的な理由が見えてくる。

一番右上の多角化戦略の説明もしておこう。

現在の事業とは関連のない「商品と市場」に進出して成長を図る戦略。当然、もっともハイリスク。

多角化戦略は事業におけるパラダイムシフトといえる。

多角化戦略をやる前に「知識と技術」それぞれの「新たなもの・新たな場所」を生み出さないといけない。そして、その過程で得た「データ・知見・商品の限界」を検証して集約する。

その集約で得たアイデア、その集約でしか生み出せない概念こそが、多角化戦略の礎となる。そしてここからパライダイムシフトが始まる。

ちなみに成長マトリックスは個人にも当てはまる。私たち個人も劇的に変化したいなら「新たなもの・新たな場所」へチャレンジしなきゃダメってこと。

どうやら、新しいことへのチャレンジが必要なのはビジネスも人生も一緒らしい。

コメント